アギーレジャパンの“顔”武藤、ブラジル戦での経験を糧に成長へ意欲「何が何でも結果を残す」

2014年11月11日(火)5時30分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , ,

20141014_muto_getty
武藤嘉紀(FC東京)はすでにアギーレ体制の“顔”と呼べる存在になった【写真:Getty Images】

 日本代表は10日、豊田市内でホンジュラス戦(14日)に向けた合宿を開始した。

 ここまで3度の代表ウィーク全てに招集されたFW武藤嘉紀(FC東京)は、すでにアギーレ体制の“顔”と呼べる存在になったが「慣れてしまうというよりも、初心を忘れずに。何が何でも結果を残すっていう気持ちで今回も臨みたい」と慢心はない様子。

 新体制初戦のウルグアイ戦でデビューを果たして2戦目のベネズエラ戦で代表初得点、3戦目のジャマイカ戦で初先発と順調にステップを踏んできた。しかし、52分から途中出場した4戦目のブラジル戦後には「実力差が浮き彫りとなった」と世界レベルとの差を痛感していた。

 それでも、武藤のような若手選手にとって“経験”は何よりもプラスになるもの。それだけに「しっかり学んだことを考慮したプレーができればいいと思う」と今後の2試合につなげていく意欲を語った。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

新着記事

↑top