もっと相手の脅威となるために。FC東京の石川、前線3人の「距離感が非常に大事」

2015年04月17日(Fri)17時30分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

20150417_nao_getty
FW石川直宏【写真:Getty Images】

 明治安田生命J1リーグで首位に立つFC東京は今節、ホームでサンフレッチェ広島と対戦する。

 2トップの一角として躍動感あふれるプレーでFC東京を牽引するFW石川直宏。今節はDFカニーニが欠場する可能性もあるが、「みんな、そのために準備している部分もあるし、それだけの戦力もある」と、控えメンバーへの信頼を明かした。

 ハードワークが持ち味のチームにあって、中盤3枚の仕事量は多い。守備はもちろん、攻撃に厚みを生むためのフリーランニングなども求められる。石川は「自分が飛び出すことで相手からのプレッシャーを軽くしたり、逆にパスコースを増やすというのができれば」と、自らが動くことで味方を手助ける意思を示した。

 ボールを奪ってからの鋭いカウンターが相手の脅威となっている。手数をかけない攻撃は効率的でもあるが、前線のコンビネーションも高めていくつもりだ。

「いい距離感でやれると、僕と(河野)広貴とヨッチ(武藤)の3人でいい形が作れる。楔が入った瞬間にみんなが反応して動くとか、距離感が非常に大事になってくる」と、さらなる破壊力アップへのビジョンを語った。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top