早大の主力2人が語る大学サッカーの持つチカラ。『人間性』を育む学生最高峰の舞台とは

2015年06月29日(Mon)13時40分配信

text by 編集部 photo getty images , editorial staff
Tags: , , , , , , , , ,

「チームを勝利に導きつつ夢を叶えるために」

早大の主力2人が語る大学サッカーの持つチカラ。『人間性』を育む学生最高峰の舞台とは
大学サッカーの定期戦のひとつである早慶戦【写真:Getty Images】

――大学サッカーにはリーグ戦だけでなく定期戦という独特魅力もあります。早稲田にとっては特に早慶戦でしょうか。

山内「選手にとって定期戦とリーグ戦でアプローチの仕方は変わらないと思いますが、規模の大きさや見てくれる人の数が多いので定期戦の方が自然と盛り上がりますよね。定期戦に関しては1年に1回なので、その年にリーグ戦で慶應に2回勝っていたとしても、早慶戦で負けてしまったら『その年は負けた』という悔しさが残ります。僕らの学年はまだ負けたことがありませんが、負けたら『葬式みたいになる』と言われているので、絶対に味わいたくないですね」

新井「あれだけたくさんの人が見てくれる中でプレーできるというのはモチベーションが上がります」

――7月1日には初めて2人とも主力として早慶戦を迎えます。そして、今年はプロという目標のためにも非常に重要な1年です。今後に向けた意気込みをお願いします。

新井「前期は持ち味である攻撃の面で得点に絡む機会が足りなかったし、ほとんどチームを勝利に導けませんでした。後期はもっと存在感を出してやっていかなければなりません。そして早慶戦はまずは何が何でも勝つというのと、今後はチームを引っ張る力や活性化させることも求められるので、強く意識していきたいです。

 チームが関東リーグ優勝を目指す中で、プロという目標のために活躍しなければならないので、自分のゴールやアシストでチームを勝利に導きつつ夢を叶えるために頑張っていきたいと思います」

山内「前期は3得点しかできず、チームを勝たせることができませんでした。いまのままだったら後期も結果を残せず終わってしまうので、早慶戦も自分の成長の過程として、一発勝負で自分がゴールを決めて勝ちたいですね。そしてここから毎日の練習からいかに成長していけるかが重要になります。プロになるという大きな目標も今年の結果で決まってくるので、後期でしっかり結果を残すことを意識してやっていきたいと思います」

【了】

プロフィール

新井純平(あらい・じゅんぺい)
早稲田大学スポーツ科学部3年。浦和レッズユース出身。豊富な運動量と鋭いクロスで攻撃に絡む早稲田不動の右SB。ユース時代は日本代表としてU-17W杯メキシコ大会に出場してベスト8。2014年デンソーカップ関東選抜B。ライバルは明治大のU-22日本代表DF室屋成。

山内寛史(やまうち・ひろふみ)
早稲田大学商学部3年。国学院久我山高校出身。182cmの長身に加え単独突破も可能なテクニックと卓越したシュート技術も兼ね備えた万能ストライカー。今季から早稲田の10番を背負う。高校2年次に全国選手権ベスト16を経験した。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top