10.ポルト

ビッグクラブが望む10人の「ラストピース」。シーズンの鍵握る補強、今夏の獲得成功なるか
宇佐美貴史【写真:Getty Images】

宇佐美貴史(ガンバ大阪)

 チームの大黒柱であったジャクソン・マルティネスをアトレティコ・マドリーへ売却したポルトは、新たなストライカー探しに着手していた。そこで目を付けたのが、日本代表のストライカーであるというニュースがポルトガルから伝えられた。

 宇佐美は今季のJリーグで得点ランク首位となる16得点(※2ndステージ第6節終了時点)を記録。東アジア杯では無得点に終わってしまったが、今日本で最も注目を集める選手である。

 ポルトは宇佐美の他にも韓国代表MFユン・イルロクにも興味を示していたが、最終的には元イタリア代表FWパブロ・オスバルドを獲得。宇佐美もこの夏の欧州移籍がないことを示唆しており、ポルトもJ・マルティネスの後釜を確保したことで、収束に向かいつつある。

【次ページ】最後に

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

新着記事

↑top