川崎F、レナト電撃移籍の穴埋めできず今季も無冠。守備はいまだ課題山積【2015年通信簿】

2ステージ制が復活した2015年のJ1も全ての試合を終えた。この1年を振り返り、各Jクラブはどのようなシーズンだったのだろうか。今回は年間6位の川崎フロンターレを振り返る。

2015年12月17日(Thu)6時59分配信

シリーズ:2015年Jリーグ通信簿
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

レナトが夏に電撃移籍

川崎F、レナト電撃移籍の穴埋めできず今季も無冠。守備はいまだ課題山積【2015年通信簿】
今年最大のトピックは、間違いなくレナトの電撃移籍だろう【写真:Getty Images】

 今年最大のトピックは、間違いなくレナトの電撃移籍だろう。オファーから退団までがあまりに早すぎたため、日本サッカー界に特大の驚きをもたらした。そして川崎Fの戦力にも特大のダメージを与えた。

 代役として獲得したアルトゥール・マイアは最後まで“風間スタイル”への順応に苦しみ、杉本健勇や船山貴之もレナトの穴を埋めるには至らなかった。

 一方、当たり補強だったのはエウシーニョの存在だ。右サイドのポジションを獲得すると、ウィングバックとして高い攻撃能力を発揮して8得点。自身初の海外挑戦ながら新しい環境への順応もスムーズだった。

1 2 3 4

新着記事

↑top