【西部の目】ハリルJ、山口蛍起用でリスク回避。非効率な攻撃。ハイクロス多用なら空中戦に強い選手を

9月6日、2018ロシアW杯アジア最終予選タイ戦に臨んだ日本代表。UAE戦とは違い相手の攻撃の目を摘む慎重な戦いぶりを見せた。数多くのチャンスを作りながらそれをものにできない現状からすれば、相手のチャンスを減らすことは現実的な方策と言えそうだ。(文:西部謙司)

2016年09月07日(Wed)11時10分配信

シリーズ:西部の目
text by 西部謙司 photo Dan Orlowitz
Tags: , , , , , , , , , , ,

山口蛍の起用。UAE戦になかった「慎重さ」

山口蛍
タイの攻撃を早い段階で潰していた山口蛍【写真:ダン・オロウィッツ】

 ほぼ勝っただけの試合だが、予選は通過することがすべて。山口蛍を起用したのが当たり、タイの攻撃を早い段階で潰せていた。日本の攻撃力でタイの守備を崩せない、チャンスを作れないという事態は想像できず、守備でボロを出さなければ良いだけ。その点では油断なくタイの攻撃を抑え込んでいた。

 カウンターを狙ってくる相手に対して、まずそこを潰して相手のチャンスをゼロに近づけようとした戦い方は評価できる。UAE戦では足りなかった「慎重さ」がタイ戦にはあった。

 今回の予選、日本はおそらくすべての試合でボールポゼッションにおいて優位になるが、それで有利に試合を進められるわけではない。タイ戦でも10回はあった決定機を外し続けた。これだけフィニッシュの効率が悪いと、ポゼッションや攻め込みの回数は結果に直結しない。相手のチャンスをゼロに近づけるほうが先決になる。

 後半に1回だけタイに決定機を与えたが、GK西川周作のファインプレーで失点を免れた。終盤に自陣でのミスを連発させる危うさはあったものの、全体的には素早い守備への切り替えと山口の迎撃守備で何もさせなかった。

 後半15分あたりからタイの足が止まり、中盤がガラ空きになっていた。日本はチャンスの作り放題。立て続けに決定機を作った。あれだけプレッシャーがなければ中央でもサイドでもチャンスは作れる。

1 2

新着記事

↑top