札幌、J2優勝で5年ぶりJ1昇格! 清水が自動昇格つかみ、松本はプレーオフへ

2016年11月20日(Sun)15時59分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

コンサドーレ
コンサドーレ札幌のサポーター【写真:Getty Images】

 明治安田生命J2リーグ最終節(第42節)が20日に全国同時キックオフで開催された。

 注目は混戦となっている昇格争い。首位の北海道コンサドーレ札幌は2位以下に勝ち点差3ポイントをつけており、引き分け以上で優勝が決まる。

 2位の清水エスパルスと3位の松本山雅FCは勝ち点81で並び、得失点差でわずかに清水が優位に立っている。両者の境目はJ1自動昇格か昇格プレーオフ行きか、天と地ほどの差がある。

1位 北海道コンサドーレ札幌(勝ち点84、得失点差+32)
2位 清水エスパルス(勝ち点81、得失点差+47)
3位 松本山雅FC(勝ち点81、得失点差+29)

 上記3チームの最終節の対戦カードは以下のようになっていた(左がホーム)。

北海道コンサドーレ札幌(1位)vsツエーゲン金沢(22位)
徳島ヴォルティス(9位)vs清水エスパルス(2位)
松本山雅FC(3位)vs横浜FC(8位)

 3位の松本は9分、野崎陽介にゴールを許して横浜FCに先制されてしまう。その後48分と50分に高崎寛之が続けてゴールを奪って一気に逆転した。しかし直後の54分、コーナーキックから西河翔吾にゴールネットを揺らされて横浜FCに再び同点とされた。

 2位の清水は29分に犬飼智也が先制点を奪うも、35分に藤原広太朗にミドルシュートを沈められて同点とされた。それでも73分、大前元紀との交代でピッチに立っていた金子翔太が貴重な勝ち越しゴールを挙げた。

 首位札幌は最下位の金沢に苦しめられる。シュートこそ相手より多く放ったものの、金沢の堅い守備と残留への執念を前に攻めきれない展開が続く。しかし、他会場で金沢と勝ち点で並ぶ21位のギラヴァンツ北九州がモンテディオ山形に負けているとの情報が入ったのか、終盤はどちらもペースを落とす。

 すべての会場が終盤に差し掛かり、松本は80分に三島康平のゴールで再び逆転し、そのまま勝利を挙げた。しかし、清水も金子のゴールで勝ち越していたため同じく3ポイントを上積みし、2チームが勝ち点84で並んだ。

 札幌は他会場の状況を理解した上でしっかりとボールを握って駆け引きしながら試合を締め、金沢とスコアレスドロー。この結果、勝ち点を85まで伸ばし、9年ぶりのJ2優勝と2011年以来5年ぶりのJ1昇格を果たした。

 また2位の清水がJ1への自動昇格を掴み取り、3位の松本は4位セレッソ大阪、5位京都サンガF.C.、6位ファジアーノ岡山とともにJ1昇格プレーオフへ回ることとなった。

 金沢は勝ち点1を獲得してJ3自動降格圏から脱出し、栃木SCとのJ2・J3入れ替え戦へ回る。モンテディオ山形に0-3で敗れたギラヴァンツ北九州は22位へ順位を落としJ3へ降格する。新スタジアム初年度の来季はJ3で戦うことが決まった。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top