日本代表入りを夢見るペドロ・ジュニオール。だが現時点では困難とも認める

2016年12月23日(Fri)19時29分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

ペドロ・ジュニオール
ヴィッセル神戸のペドロ・ジュニオール【写真:Getty Images】

 J1ヴィッセル神戸のブラジル人FWペドロ・ジュニオールは、日本に帰化して日本代表でプレーしたいという思いを母国メディアに語っている。ブラジル『ラジオ730』が22日にインタビューを伝えた。

 2014年から3年間神戸でプレーしてきたペドロ・ジュニオールは同じインタビューの中で、来季から鹿島アントラーズへの移籍が濃厚になったことも認めている。仮契約にサインしたことを認め、「それが事実だ。2年契約だよ」と話している。

 以前にも日本代表でプレーしたいという希望を明かしていたペドロ・ジュニオールは、そのことについての質問にも答えている。「僕の側からそう思っているのは事実だ。日本代表でプレーすることを夢見てきた」と述べ、日本への恩返しがしたいという思いを表した。

 だが、現時点で具体的に帰化に向けた動きがあるわけではないようだ。「何も正式に決まってはいないし、サッカー協会から提案を受けたわけでもない」とペドロ・ジュニオールはコメント。クラブに対して自分の意志を伝えはしたものの、それ以上の進展はなく、「非常に難しい」という状況だと語った。

 2007年に大宮アルディージャに加入して初めて日本にやってきたペドロ・ジュニオールは、ブラジル帰国や韓国でのプレーなども挟みつつ、これまでアルビレックス新潟、ガンバ大阪、FC東京、神戸でのプレーを経験してきた。鹿島移籍が実現すればJリーグで6つ目のクラブとなる。日本に強い愛着を持つ同選手の、サムライブルーでプレーしたいという夢が叶う日はいつか来るのだろうか。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top