“Mr.トリニータ”高松大樹も政界に進出? 政治家に転身した元サッカー選手たち【編集部フォーカス】

大分トリニータで活躍し、昨シーズン限りで現役引退を表明した“ミスター・トリニータ”高松大樹氏は、自身のブログで大分市議会議員選挙に立候補することを明かしている。しかし、世界を見渡せば現役引退後に政治家へ転身した元選手は多くいる。今回は、そんな5人の人物を紹介しよう。

2017年01月24日(Tue)9時58分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

ロマーリオ

ロマーリオ
ブラジル上院議員に当選したロマーリオ氏【写真:Getty Images】

 バルセロナやPSVといった欧州のビッグクラブでも活躍した元ブラジル代表ストライカーは、政界で評価を集める限られた元サッカー選手の一人だ。

 元々“悪童”で知られ、トラブルがついて回ったロマーリオは、ダウン症の次女アイビーの存在で価値観が変わったそうで、2009年にブラジル社会党に入党。翌年にブラジル下院議員選挙で当選すると、2014年には上院議員選挙に当選。実績は決して多いわけではない。それでも、現役時代から変わらず歯に衣着せぬ物言いで地元リオデジャネイロでは抜群の人気を誇っているという。

 1994年ワールドカップでブラジルを24年ぶりの優勝に導いたブラジル伝説のストライカーは、政界に進出しても国民の味方だ。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top