中村俊輔が磐田で受けるリスペクト。移籍後初の古巣対決は黒星も、得られた成長の感触

2017年04月10日(Mon)12時07分配信

text by 青木務 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

中村俊輔の動きへの呼応。確実に見られる進歩

 試合前日の全体練習は、軽めの調整で終わった。

 降りしきる雨など気にせず、中村俊輔は居残り練習を始めた。控えGKにゴールを守ってもらい、FKやPKでキックの感覚を調整する。ミドルシュートは左足だけでなく右足でも狙い、相手を背負った状態からフィニッシュに持ち込む形も確認した。

 結局、横浜FM戦での自身のシュートは0本に終わっている。だが、精度の高いキックは同点ゴールを呼び込み、局面を変えるサイドチェンジは味方をチャンスへと導いた。右サイドハーフをスタートポジションとしながら、臨機応変に中央へ顔を出していく。ボールのあるところに寄っていくスタイルはこれまでと同じだが、中村俊輔のそうした動きに対する周囲の反応は、開幕直後に比べて確実に進歩している。

「リードされている中で、点を取りに行こうという姿勢を出して少しずつ前に行けた。今まででは一番アグレッシブにできたと思う」

 10番のこの言葉にチームの成長は感じられ、「勝てるチャンスあったから」と悔しさを浮かべる姿に、今後への期待を抱かせた。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top