中村俊輔が磐田で受けるリスペクト。移籍後初の古巣対決は黒星も、得られた成長の感触

2017年04月10日(Mon)12時07分配信

text by 青木務 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

「そうやって1年通してレベルが上がればいい」(中村俊輔)

古巣との試合には敗れたが、チームとしての成長に手応えを得られたはずだ
古巣との試合には敗れたが、チームとしての成長に手応えを得られたはずだ【写真:Getty Images】

 今シーズン初勝利を掴み、自身も直接FKを決めた大宮アルディージャ戦も、率先して汗をかくレフティーの姿があった。試合終盤、自陣深い位置で相手の攻撃を食い止めている。我を通して味方を引っ張るのではなく、チームの駒の一人として勝利のために最善のプレーを選択した。

 走行距離は毎試合チームトップクラスと目を見張る活動量である。中村俊輔は、プレーや姿勢で仲間を奮い立たせているのだ。

 理想だけで勝ち点を積み重ねられるなら、それに越したことはない。しかし、それができるのはリーグ優勝を狙うような強豪だけで、磐田はまだそのレベルには達していない。上には上がいる、という現実をこれからも突きつけられるだろう。

 だからといって、現状がネガティブかといえばそれは違う。

「各々反省してコミュニケーションを取って、そうやって1年通してレベルが上がればいい」

 日産スタジアムのミックスゾーンで、中村俊輔はこう話した。現実を直視し互いに高め合う作業を繰り返した先に、チームとしての成長が待っている。そんな感触を古巣戦でも少なからず得たはずだ。

 指揮官の言う「俊輔ダービー」は悔しい結果に終わった。勝ち点は掴めなかったものの、手ぶらで帰ったわけでもなかった。単なる34分の1ではないゲームを経て、サックスブルーは次なる戦いへ準備を進めている。

(取材・文:青木務)

【了】

1 2 3 4 5

新着記事

↑top