【U20】競争より団結。日本のGK小島・山口・波多野。守護神たちの決意

U-20日本代表には3人のGKがいる。小島亨介、山口瑠伊、波多野豪。彼らはひとつのポジションを争うことになるが、それは単なる競争か、あるいは団結なのか…W杯を間近に控える守護神たちの思いに迫った。(取材・文:舩木渉【水原】)

2017年05月20日(Sat)11時40分配信

text by 舩木渉 photo Getty Images, Wataru Funaki
Tags: , , , , , , , ,

GK3人、思いはひとつ

GK
日本には山口瑠伊、小島亨介、波多野豪(左から)と頼もしい3人のGKが揃っている【写真:舩木渉】

 GKというポジションはチームにひとつしかない。もっとも特殊かつ難しい役割と言えるだろう。

 それでもチームに1人いればよいわけではなく、多くの場合2人ないしは3人、4人のGKが必要になる。控えの選手たちにはもちろん万が一に備えること、あるいは競争を意識させることなど、様々な役割がある。

 だが、U-20日本代表ではGKの3人が一体となって、団結してW杯を乗り切ろうとしている。昨年のU-19アジア選手権などでも同世代の正GKとしてプレーしてきた小島亨介は「競争という意識より、GKのグループでチームに貢献しようと全員で話し合っています」と語る。

 残る2人のGKもこれに続く。山口瑠伊は「(明確な立ち位置は)意識していない。個人的にはないと思う」と述べ、波多野豪も「いつでも出られる準備をしている」と目の前の戦いに向けて意欲的な姿勢を見せる。

 とはいえ練習の中でGKの序列は見えてくるもの。現時点では正GKが小島、第2GKは山口、そして第3GKが波多野といったところだろうか。中でも最年長の小島が今大会にかける思いは強い。

 U-17日本代表の頃から同世代の正GKとしてゴールマウスを守り続け、昨年のU-19アジア選手権優勝にも大きく貢献。U-20日本代表メンバーの中で唯一の大学生だが、安定感抜群のプレーで信頼を獲得してきた。

 名古屋グランパスU-18出身の小島は高卒でトップチームは叶わず、他のJリーグクラブからの誘いを断って早稲田大学進学を選んだ。しかし上級生の壁は厚かった。昨年まで早稲田大のゴールマウスには後藤雅明(現湘南ベルマーレ)が君臨しており、ベンチ入りもままならない小島は2年間で関東大学リーグ戦にわずか3試合しか出場できなかった。

1 2 3

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top

        プッシュ通知で最新情報をお届けします

        通知許可ポップが表示されたら
        許可ボタンを押してください

        • 後で
        • 最新情報を受け取る