ハリルJ、乾・本田・井手口など後半に収穫も…前半のテストは完全に失敗。守備組織機能せず【西部の戦術アナライズ】

2017年06月08日(Thu)11時08分配信

シリーズ:西部の目
text by 西部謙司 photo Shinya Tanaka
Tags: , , , , , , , , , ,

ブースターとしての乾。本田インサイドハーフにもメド

日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督
日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督【写真:田中伸弥】

 後半に井手口が入って展開がやっと落ち着いている。それまではビルドアップの段階で上手く相手をはがせておらず、大迫のポストプレーが頼みの綱という状態だったが、井手口、今野、倉田のガンバ大阪のトリオが形成されてパスが回り始めた。

 さらに乾が左サイドに、今野に代わった浅野が右サイドに起用され、本田がインサイドハーフに下りる。乾はボールコントロールの上手さ、ポジショニング、突破力で違いを作り出し、本田も展開力とフィニッシュで存在感を示す。前半から気を吐いていた大迫、後半に生き返った倉田とともに日本の攻勢が続いた。

 前半は蓋になっていた久保、原口が退いたことで、SBの攻撃参加も多くなり、とくに左の長友は前半とはうってかわって飛び出しからチャンスを作る。

 乾が攻撃の切り札になりうること、本田のインサイドハーフにメドがつき、井手口のパフォーマンスが良かったのは後半の収穫だろう。ただ、シリアが疲労していたのは間違いなく、日本の後半の攻勢はイラク戦で想定しているゲームプランではない。まずは前半の反省と修正が必要だろう。

 負傷した香川の代役は倉田か本田か、アンカーは山口か井手口か、乾はどのタイミングで使うか……そもそもイラクのペースに巻き込まれることを前提としたゲームプランで正しいのか。いくつかの判断が必要になりそうだ。

(取材・文:西部謙司)

【了】

1 2

新着記事

↑top