Jリーグと相撲の魅力に共通する「下積みの物語」。能町みね子×宇都宮徹壱【「サッカー本大賞」受賞記念対談】

サッカー本大賞2017の大賞を受賞した『「能町みね子のときめきサッカーうどんサポーター」、略して 能サポ』の著者・能町みね子氏と『サッカーおくのほそ道 Jリーグを目指すクラブ、目指さないクラブ』の著者・宇都宮徹壱氏による特別対談。テイストの異なる2人の作品は意外にもシンクロしていた…!?(文:編集部)

2017年06月10日(Sat)10時00分配信

text by 編集部 photo 宇都宮徹壱、編集部
Tags: , , , , , ,

大賞を受賞した能町氏と宇都宮氏

中村慎太郎、能町みね子、宇都宮徹壱
左から中村慎太郎氏、能町みね子氏、宇都宮徹壱氏【写真:編集部】

 去る3月31日に発表された、サッカー本大賞2017は『「能町みね子のときめきサッカーうどんサポーター」、略して 能サポ』、そして『サッカーおくのほそ道 Jリーグを目指すクラブ、目指さないクラブ』が受賞した。今回は『能サポ』の著者である能町みね子氏、そして『サッカーおくのほそ道』の著者である宇都宮徹壱氏による対談をお届けする。

 能町氏の肩書は、漫画家。コラムニストやラジオのパーソナリティーとしても活躍中で、最近は「相撲評論家」としてTVでの露出も多い。ただし「サッカーに関しては門外漢」(当人談)。そんな能町氏が、ひょんなことからJFL時代のカマタマーレ讃岐と出会い、ホームタウンである香川のうどんとセットで応援にハマっていくというのが『能サポ』のあらすじである。

 一方の宇都宮氏は、JFLをはじめとするアンダーカテゴリーが専門分野で、今回の受賞作『サッカーおくのほそ道』でもその世界観がふんだんに描かれている。能町氏とは「JFL」と「カマタマーレ」という意外な共通項から、今回の対談が実現。なお司会は、前々回のサッカー本大賞受賞者である中村慎太郎氏が務める。

 なお本稿は、宇都宮徹壱ウェブマガジン(http://www.targma.jp/tetsumaga/)にて掲載されたもののダイジェスト版として再編集したものである。(収録日:2017年5月8日@東京。協力:BOOK LAB TOKYO)

1 2 3 4

新着記事

↑top