Jリーグと相撲の魅力に共通する「下積みの物語」。能町みね子×宇都宮徹壱【「サッカー本大賞」受賞記念対談】

2017年06月10日(Sat)10時00分配信

text by 編集部 photo 宇都宮徹壱、編集部
Tags: , , , , , ,

なぜカマタマーレ讃岐で、どうしてJFLだったのか?

カマタマーレ讃岐
能町氏が応援しているカマタマーレ讃岐【写真:宇都宮徹壱】

――あらためて、この『能サポ』について著者からご紹介いただきたいのですが。そもそもこの企画は、どのような経緯でスタートしたんでしょうか?

能町 もともとはモーニングで連載中の『GIANT KILLING(ジャイアント・キリング)』のムック本での連載企画だったんですよね。ムック本そのものは、けっこう真面目な内容だったんですけど、その中に息抜き的なコラムもあっていいだろうということで、サッカーをまるっきり知らない私がサッカーの試合を観に行って、それでレポートを書きましょうという企画です。最初は方針もあまりはっきりしていませんでしたね。

宇都宮 最初はJリーグから入っていったんですか?

能町 味スタでの東京FCと清水エスパルスかな。

――FC東京ですよ!

能町 すいません。私はそういうレベルなんです(苦笑)。むしろJ2とかJFLとかの方が詳しくなってるかも。ですからこの本では、FC東京の味スタでの試合が最初。そこで何となく「エスパルスを応援しようかな」と思っていたときにカマタマーレ讃岐の存在を知ったんですね。「『釜玉うどん』そのままの名前って!」と盛り上がって、この企画で面白がるなら、ここを追いかけるしかないだろうと。

宇都宮 それにしても、カバーの写真がうどんで良かったんですか(笑)? これほどカバーが斬新なサッカー本は他にないですよ。

能町 カバーについては、最初から「写真でいこう」と決まっていて、いちおうプロのカメラマンさんに撮っていただきました。本の内容の半分くらいはうどんについて書いていますから、間違ってはいないと思います(笑)。というか、うどんを楽しみながらカマタマーレを追いかけているうちに、サッカーを知らないなりに応援の楽しさにハマっていくというのが、この本のあらすじですので。

――そもそも能町さんは、サッカー観戦とうどん、どっちが好きですか?

能町 難しい質問ですね。「カマタマーレ抜き」のサッカー観戦で言っちゃうと、うどんですよね。やっぱり、うどんとセットでカマタマーレの試合を楽しみたいので。私はもともと旅が好きなんですけど、カマタマーレを観にいくのも旅の1つだととらえていて、そうなると現地の食べ物も楽しみたいですよね。相撲の巡業と似たような楽しみ方です。

――先ほどおっしゃった「サッカーを知らないなりに応援の楽しさにハマっていく」というお話ですが、僕自身も何も知らないところからFC東京のサポーターになっていきました。なので、そこのプロセスは似ているところはあると思うんです。ただ能町さんの場合、最初にカマタマーレに出会ったのってJFL時代ですよね。

宇都宮 それに関して言えば、能町さんは相撲の幕下とか下積みの魅力について書かれていましたよね。その感覚に近いのかなと。

能町 確かに、最初に見に行ったとき(西日本社会人サッカー大会)は衝撃的でしたよ。屋根どころか観客席もないし、私のすぐ脇を選手が通るし(笑)。これからJリーグに行こうとしているクラブが、こういうところで試合をしているのかと。「なるほど、これが下積みなのか」と、ちょっと感動しましたね。

 私が相撲を好きになったのも、そういう下積みの物語があったからだと思います。ジャンルは違えども、下積みというものに接することができたからこそ、カマタマーレにも夢中になったのかもしれませんね。

1 2 3 4

新着記事

↑top