日本代表、今求められる“吉田頼み”からの脱却。サウジ戦で若きDFたちが示すべき魂

日本代表は現地時間5日、ロシアW杯アジア最終予選でサウジアラビア代表と対戦する。すでにW杯出場権を獲得している日本にとっては消化試合だが、サウジアラビアにとっては生きるか死ぬかのビッグマッチ。ホームの大声援を背に猛然と襲いかかってくるだろう。そこで試されるのはサムライブルーの総合力。W杯に向けて、チームの総合力を底上げするための戦いになる。(取材・文:元川悦子)

2017年09月05日(Tue)10時44分配信

text by 元川悦子 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

総合力が問われるサウジ戦。メンバー入れ替えか

柴崎岳 本田圭佑
サウジアラビア戦は柴崎岳(左)と本田圭佑(右)にもチャンスがめぐってきそうだ【写真:Getty Images】

 2018年ロシアW杯への新たな一歩となるアジア最終予選ラストマッチ・サウジアラビア戦(ジェッダ)がいよいよ現地5日に迫っている。相手が本大会出場を賭けて死に物狂いで挑んでくることに加え、夜でも気温30度超・湿度70%という酷暑のため、日本にとって非常に難易度の高いゲームになるのは間違いない。
 
「昨日のバス(移動バスが来ずタクシーに分乗して練習場へ向かったアクシデント)もあったし、これから試合まで何かが起こるかもしれない。試合に入ってもいろんな障害が出てくる可能性がある。レフェリー含めてクールに冷静に対応しなきゃいけない」と守備の要・吉田麻也(サウサンプトン)が慎重な姿勢を示した通り、試合運びやペース配分、ゲームマネージメント力を含めた総合力が問われることになる。

 これらはロシアでのW杯本大会を戦い抜くうえで、確実に身に着けておかなければならない部分。6万人超の大観衆が集結すると見られるキング・アブドゥラー・スタジアムの完全アウェイの中で、頭脳的な戦いを見せてほしいものだ。

 サウジアラビアとの最終決戦に挑むにあたって、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督がどのようなメンバーを選択するのかは注目すべき部分である。「どのチームで臨もうかというのは決定的に決めたわけではない」と指揮官は前日会見で話したが、8月31日のオーストラリア戦(埼玉)で見せた高いパフォーマンスを維持したい意向は強い。

 それを前回の控えだった本田圭佑(パチューカ)や柴崎岳(ヘタフェ)がで堂々とやり通せるか否か。そのあたりを入念にチェックするのではないだろうか。

1 2 3

新着記事

↑top