中村俊輔も絶賛、磐田・アダイウトンの潜在能力。天才レフティーとの出会いが促す急成長

2017年09月27日(Wed)11時28分配信

text by 青木務 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

「ヨーロッパでもあんまり見たことない」(中村俊輔)

 ここで背番号15がミックスゾーンに現れる。選手バスへ向かう彼の後ろ姿を見た中村俊輔は、こう言って笑顔を浮かべた。

「ふくらはぎはあんなに細いのに、上半身は大きい。わからないね。ヨーロッパでもあんまり見たことない」

 世界を渡り歩き様々な選手とプレーしてきた男は、磐田で伸び伸びとプレーするアダイウトンの底知れぬポテンシャルを計りかねているようだった。

「自分の好きなように、前に行くんだったら行ってという風にさせた方がいい。型にはめようとすると多分、動きづらいと思うから。面白いね」

 自由にピッチを駆ける姿を見守る中村俊輔だが、守備に関しては指示を飛ばすことをやめない。

「口うるさく言っているからムカついているだろうけど」。そう思いながらも言い続けるのには理由がある。「彼の良さは前でプレーすることだけど、良さを出すために戻らないといけない」と説いたのは一度や二度ではない。

『スタートポジションに戻って守備をしよう』

 磐田の攻撃陣は1トップ2シャドーが基本的な形だが、中村俊輔は逆サイドからでも声を張り上げ、腕を大きく振ってブラジル人アタッカーにいるべき場所を提示する。

 アダイウトンもそうした助言にしっかりと耳を傾ける。「ハードワーク」や「犠牲心」という言葉をよく用いる男は、自身の特徴を最大限発揮する術を教えてくれる人の存在に感謝している。

「俊輔さんからはもちろん、みんなからも守備のポジショニングについてよく言われる。後ろから出て行くように、と名波さんからも言われている。それが正解だなと自分でも思うし、後ろから出て行くことで相手の裏を取りやすくなる。その質をもっと高めていきたい」

1 2 3 4

新着記事

FChan TV

↑top