川崎F・車屋紳太郎、SB転向3年目で挑む日本代表。ハリルが探し求める左利き選手の武器

2017年10月02日(Mon)11時27分配信

text by 藤江直人 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

「アイツにとってはすごく大きなチャンスだと思う」(中村憲剛)

川崎フロンターレのMF中村憲剛。日本代表入りを果たした車屋への期待を口にした
川崎フロンターレのMF中村憲剛。日本代表入りを果たした車屋への期待を口にした【写真:Getty Images】

 加入時から間近でともにプレーしてきたフロンターレの大黒柱、36歳の中村は178センチ、73キロの体に秘められた車屋のポテンシャルを認めつつも、「まだまだ」という言葉を常に残してきた。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督から「機会を与えるのに値する内容を見せている」と高い評価を受け、日本代表に初めて招集されたいまも「ちょっと毛が生えたくらいかな」と苦笑いする。

「本人がおそらく一番わかっていると思うので。でも、経験を積んできていることは確かだし、左利きの左サイドバックはいまの日本代表にいないから、アイツにとってはすごく大きなチャンスだと思う。ポジショニングやいつプレスにいくのか、というタイミングは代表で覚えてきてほしい。

 ウチでもかなり詰め込まれて、絞られているところでもあるんだけど、それでも身体能力で何とかしようとするところがあるからね。まだ若いからいいけど、ここからさらに日本代表での経験とかがついてくれば、ポジショニングなんかもまた変わってくると思っているので」

 ハリルホジッチ監督の初陣となった2015年3月のチュニジアおよびウズベキスタン両代表との国際親善試合。31人のメンバーが招集された一方で、車屋もバックアップメンバーに名前を連ねていた。

 就任会見から間もない3月18日。当初は視察予定になかったヤマザキナビスコカップのグループリーグ、フロンターレ対グランパスへ急きょ足を運び、一夜明けたメンバー発表に臨んだ。

 等々力陸上競技場のピッチで後半の数分間しかプレーしていなかった、当時フロンターレ所属のFW杉本健勇(現セレッソ)に一目惚れし、以来、追跡してきたのはいまでは有名な話だ。

 少しでもポテンシャルを感じさせる選手がいれば、ラージリストに加える。最終的には100人に達した、ワールドカップ・アジア最終予選の予備登録メンバーのなかには車屋も含まれていた。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top