39歳中澤佑二、今季も“鉄人”ぶり健在。4年連続フルタイム出場を達成

2017年12月03日(Sun)23時26分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

中澤佑二
横浜F・マリノスの中澤佑二【写真:Getty Images for DAZN】

 2日に最終節が行われて全日程を終了した2017シーズンの明治安田生命J1リーグで、横浜F・マリノスの元日本代表DF中澤佑二は全34試合のフルタイム出場を達成した。

 Jリーグ公式サイトの出場記録によれば、今季J1で34試合、全3060分間にフルタイム出場した選手は全部で9人。中澤のほか、大岩一貴(ベガルタ仙台)、昌子源(鹿島アントラーズ)、西川周作(浦和レッズ)、中村航輔(柏レイソル)、谷口彰悟(川崎フロンターレ)、飯倉大樹(横浜FM)、六反勇治(清水エスパルス)、三浦弦太(ガンバ大阪)が1試合も欠場せず、交代出場や途中交代もなかった。

 今年2月で39歳となった中澤だが、負傷やコンディション不良による欠場もなく1年間を戦い抜いた。しかも、センターバックというポジションながらもクリーンなプレーを続けており、退場や累積警告で出場停止になることもない。昨シーズンは一度だけ警告を受けたが、今季は2015年と同じく1枚のイエローカードも受けなかった。

 中澤のリーグ戦全試合フルタイム出場はこれで4年連続。2013年5月のサガン鳥栖戦で途中交代して以来、連続フル出場記録を157試合にまで伸ばしている。最後に欠場したのは2012年9月の鹿島戦であり、連続出場記録と連続先発出場記録は178試合に及んでいる。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top