ハリルJ、4年前の日韓戦を再現できるか。柿谷、山口らと同じ道のりを歩むのは?

16日に日本代表はE-1サッカー選手権最終戦で韓国代表と対戦する。今大会の優勝をかけた重要な日韓戦だ。4年前の同大会で日本は2-1と韓国を下し、当時活躍した山口蛍らが2014年ブラジルW杯メンバーに選ばれている。東アジアのタイトルを獲得することで、今回招集されているメンバーの中からも、同じような道程でロシアW杯行きの切符を掴む選手が出てくる可能性は十分にありそうだ。(取材・文:元川悦子)

2017年12月15日(Fri)12時07分配信

text by 元川悦子 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

4年前の東アジア杯からW杯行きを掴んだ柿谷ら

柿谷、山口
2013年の東アジア杯から一気に日本代表に台頭した柿谷曜一朗(左)と山口蛍(右)【写真:Getty Images】

 北朝鮮、中国に2連勝し、E-1選手権制覇に王手をかけている日本代表。明日16日の韓国戦(味スタ)に勝つか引き分けるかで、2013年韓国大会以来、2大会ぶりの優勝が決まる。

 2日前となった14日夕方のトレーニングには韓国メディアも数多く取材に訪れたが、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督にはピリピリムードはなく、急きょ練習を全公開に変更。右太もも打撲の伊東純也(柏)は依然として別メニューだったものの、それ以外の21人はボールコントロールや6対3+フリーマンなどの軽めのメニューを1時間程度消化した。

 キャプテンマークを巻く昌子源(鹿島)やムードメーカーの川又堅碁(磐田)らが声を出し、金崎夢生(鹿島)からも笑顔がこぼれるなど、今はチーム全体がポジティブな状態だ。

 ハリル体制初の国際大会だった2年前の中国・武漢大会は1分1敗と未勝利で最終戦を迎えただけに、前回とは雰囲気が対照的。「勝っている時はあまり疲れは感じない」と2試合連続スタメンの倉田秋(G大阪)も過密日程も関係なくフル稼働するつもりだという。

 指揮官も最終決戦はもちろんベストメンバーで戦う意向だろう。チームの骨格を形成する昌子と今野泰幸(G大阪)、小林悠(川崎F)の3試合連続スタメンは決定的。4年前の韓国戦を振り返ってみると、日本は青山敏弘(広島)のタテパスに反応した柿谷曜一朗(C大阪)が先制。前半のうちに相手のミドル弾で同点に追いつかれたが、後半ロスタイムに原口元気(ヘルタ)のドリブルシュートのこぼれ球に柿谷が反応。劇的決勝ゴールを決め、2-1で逃げ切った。

 韓国戦の2発を含む大会通算3得点で得点王に輝いた柿谷、MVPを獲得した山口蛍(セレッソ大阪)、守備を統率した森重真人(FC東京)は揃って翌2014年ブラジルワールドカップ行きを勝ち取った。今回の昌子、今野、小林も同じ道のりを歩む絶好のチャンスに直面しているのだ。

1 2 3

新着記事

↑top