田中亜土夢がC大阪に加入、4年ぶりに国内復帰。「タイトルを取るために来ました」

2018年01月06日(土)14時46分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , ,

田中亜土夢
HJKヘルシンキでプレーしていた田中亜土夢【写真:Getty Images】

 J1のセレッソ大阪は6日、フィンランドのHJKヘルシンキに所属していたMF田中亜土夢が完全移籍で加入することが決定したと発表した。

 現在30歳の田中は、2005年に前橋育英高校からアルビレックス新潟に加入してプロデビュー。10年間の在籍でJ1通算200試合に出場したあと、2015年にフィンランドの強豪HJKへ移籍した。

 HJKでは1年目からレギュラーとして活躍し、2015年、16年はいずれもリーグベストイレブンを受賞。2017シーズンにはリーグ優勝とカップ優勝の国内2冠を成し遂げた。昨年10月には2017シーズン限りでの退団が発表されていた。

「タイトルを取る為にやってまいりました!自分のプレースタイルをこのセレッソで表現して闘います!応援宜しくお願いします」と田中はクラブ公式サイトでコメントを述べ、4シーズンぶりとなるJリーグでの活躍を誓っている。

 また、C大阪は韓国の浦港スティーラーズから31歳の韓国代表FWヤン・ドンヒョンを獲得したことも6日に発表した。Kリーグで通算236試合出場69得点を記録している経験豊富なFWは「早く順応し、チームの望んでいる姿を見せることができるように努力します。そして、クラブとサポーターの皆さんの期待に応えられるよう最善を尽くします」とコメントしている。

【了】

新着記事

↑top