川崎F、ACL未勝利で終焉も・・・。プロ3年目アタッカーが得たもの、長谷川竜也が見せたキレ

AFCチャンピオンズリーグ グループステージ最終節が19日に行われ、川崎フロンターレは韓国の蔚山現代と対戦し、2-2で引き分けた。J1王者は1勝も挙げることができず、最下位での敗退となった。ただ、この大会を通じて何かを得た選手もいる。プロ3年目、チーム屈指のドリブラーである長谷川竜也はその一人だ。(取材・文:青木務)

2018年04月19日(Thu)11時40分配信

text by 青木務 photo Getty Images for DAZN
Tags: , , , , , ,

ゴールは決めた。だが勝利はできなかった

180419_hasegawa_getty
川崎フロンターレの長谷川竜也【写真:Getty Images】

 すでにグループリーグ敗退が決まっていた川崎フロンターレは、これまで公式戦の出場機会が少なかった選手がピッチに立った。だが、決して消化試合ではないという空気感は前半の入りを見れば明らかだった。

 開始早々の2分、齋藤学のシュートのこぼれを鈴木雄斗が押し込んで先制に成功。連動した守備で相手の攻め手を潰し、ペースを握り続ける。

 43分には赤崎秀平が相手を引きつけてパスを送ると、長谷川竜也が切り返しから左足でゴールネットを揺らす。「トラップでいいところに置けた」と長谷川は振り返った。

 ところが、後半に入ると流れは一転。47分、50分とたて続けに2点を奪われ、試合は振り出しに戻った。結局、2-2のままタイムアップのホイッスルを聞くことになった川崎Fは、未勝利のままAFCチャンピオンズリーグを去った。

「普段出ていない選手がやってやろうという気持ちもあり、雰囲気が良かった。自分の結果もそうですけど、チームとしての結果がほしかった」

 長谷川はミックスゾーンでこう語った。ゴールを奪う活躍を見せた。しかし、チームを勝利に導くことができなかったという悔しさが上回っていた。

 順天堂大学から入団し、今季はプロ3年目のシーズンだ。昨季はジョーカーとしてコンスタントに出場機会を得ており、リーグ優勝に貢献。大宮アルディージャとの最終節では戴冠を揺るがないものにする5点目を記録した。

 クラブの歴史に名を刻んだ長谷川だったが、今季はピッチに立つ機会が多いとは言えない状況である。大久保嘉人がFC東京から復帰し、齋藤学も横浜F・マリノスから加入した。現有戦力も代表クラスが居並ぶ中、24歳は虎視眈々とチャンスを伺う立場だ。

 だからこそ自身の結果はもちろん、チームの勝利がほしかった。望んだふたつのものを手に入れることはできなかったが、長谷川にとって大きな糧になったのは間違いない。

1 2

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top