いわきFC、さらなる進化への試行錯誤。鍛え上げた肉体、その力を最大化するアプローチ【いわきFCの果てなき夢】

「鍛錬期」「肉トレ」など、これまで常識とされてきたものとは一線を画す取り組みを行ういわきFC。現状に満足しないクラブは、今季も様々な角度から選手の成長を加速させている。日本のフィジカルスタンダードを変える――異端にも映る挑戦の現在地とは。東北社会人サッカーリーグ2部南を主戦場とするアマチュア軍団の、2018年の姿に迫った。(取材・文:藤江直人)

2018年09月25日(Tue)11時10分配信

シリーズ:いわきFCの果てなき夢
text by 藤江直人 photo Editorial Staff
Tags: , ,

「ジュニアサッカーを応援しよう!」連動企画
ジュニアサッカーを応援しよう!『いわきFCの果てなき夢』連載ページ

チーム最古参の一人、20歳の若者の実感

180925_tomokiyoshida_edito
20歳のFW吉田知樹【写真:フットボールチャンネル編集部】

 ユニフォームの上着越しに伝わってくる胸板の厚さ。あるいは、パンツとストッキングの間に見える太ももの盛り上がりぶり。2018年は東北社会人サッカーリーグ2部南を主戦場としている、いわきFCの選手たちの体の2ヵ所を見れば、何年在籍しているかがだいたいわかる。

 アメリカのスポーツ用品メーカー、アンダーアーマーの日本総代理店を務める株式会社ドーム(本社・東京都江東区、安田秀一代表取締役CEO)が親会社となり、いわき市を東北一の都市にするという理念を掲げて新体制をスタートさせて3年目。在籍年数が長い選手ほど、ボディも筋骨隆々としている。

 たとえば、明秀日立高校(茨城県)から2016年に加入し、今シーズンを戦う25人の選手のなかでは最古参の一人となった20歳のFW吉田知樹は、2年あまりの間に体重が65kgから72kgに増えた。その理由を「ストレングストレーニングと、あとは食事ですね」と振り返りながらこう続けた。

「ストレングストレーニングがもともと好きではなかったこともあって、1年目の最初のころは体力的にもきつかったですね。ただ、自分の持ち味であるドリブルをしているときに、相手に体をぶつけられてもブレなくなった。それで意識が変わってきたというか、意欲的に取り組むようになりました」

 新体制が船出した2016年1月に、いわきFCはサッカーを通じて実現させる3つのビジョンを掲げた。『いわき市を東北一の都市にする』と『人材育成と教育を中心に据える』にはさまれた2番目には、既存のJクラブとは一線を画す形でトップチームが取り組む『日本のフィジカルスタンダードを変える~魂の息吹くフットボール~』が記されている。

 要は「体が大きくなれば動きが鈍くなる」といつしか定義されてきた、日本サッカー界の常識とは対に位置するトレーニングを選手たちに課してきた。1週間の練習のうち、室内でのストレングストレーニング時間は実に60%から70%を占める。常識を覆すためにも意図的に練習内容を偏らせた。

 昨夏に全面開業した、日本で初めてとなる商業施設複合型クラブハウス『いわきFCパーク』の2階には、ドームが運営するトレーニングジム「ドームアスリートハウスいわき」がテナントとして入居。最新鋭の機器が並ぶ環境が整ったことで、選手たちの日々の鍛錬は一気に加速された。

【次ページ】遺伝子検査の効果

1 2 3 4 5

新着記事

↑top