柏レイソルにV字回復の道は? ギリギリの戦いで積み上げるしかない自信と勝ち点

2018年10月01日(Mon)11時29分配信

text by 青木務 photo Getty Images for DAZN
Tags: , , , , , , , , , ,

重要なのは敗戦からポジティブな要素を見つけること

181001_kashiwa2_getty
敗戦の中からポジティブな要素を見つけたい【写真:Getty Images】

 自分たちのミスから試合を難しくし、レイソルは勝ち点を落とした。しかし、致命的な失敗がなければ、少なくとも1ポイントは取れた可能性があったとも言える。

 もちろん『たられば』は無意味なのだが、ポジティブな要素を一つでも見つけ、自信に変えていかなければ残留争いは戦えない。ミスや負けを引きずっていたら得られるものも得られない、と考えるべきだ。

「自分たちの守備のプランとしては狙い通りだった。全体を通した守備というのは悪かったとは思っていないです」

 スペインから戻ってきた鈴木大輔は、チームのパフォーマンスを冷静に分析した。試合に敗れたのは間違いないが、リーグ戦ラスト6試合に繋がる戦いを見せたのもまた事実である。

 ボールを動かしながらピッチを広く使った相手の攻撃に対し、レイソルは必死に食らいついた。「今日はスライドがすごく多かった」と言う小泉は、この試合で12.082kmを走っている。両チーム通じてトップの走行距離だった。それだけカバーする範囲が広く、対応に追われたということだろう。ただ、鈴木と同様に小泉も「崩されてはいない」と話したように、バイタルエリアをコンビネーションで突破されるようなシーンは最小限にとどめた。

「まず一番危ないコースを消すことは、後ろの人の声をしっかり聞きながらやっていた。それでも、もっと周りを見ながら僕もプレーしなきゃいけないと思うし、僕だけが行っていたら意味がない。いつ、どこでスタートを切るのかを話し合っていかないと。やっぱりプレスがもう少しハマればさらに良くなると思うし、みんな一人ひとりの良さがあるので、全員の良さが出れば間違いなくもっと組織的に守れると思う。そういうところはしっかり声を掛け合ってやっていきたいなと」

 小泉は反省点を述べつつ、前向きな姿勢も見せている。

1 2 3 4

新着記事

↑top