柏レイソルにV字回復の道は? ギリギリの戦いで積み上げるしかない自信と勝ち点

明治安田生命J1リーグ第28節が9月30日に行われ、柏レイソルは浦和レッズに2-3で敗れた。停滞を余儀なくされているレイソルは、先制しながら1ポイントも取れなかった。依然として降格圏をさまよう状況だが、希望を失うのはまだ早い。(取材・文:青木務)

2018年10月01日(Mon)11時29分配信

text by 青木務 photo Getty Images for DAZN
Tags: , , , , , , , , , ,

先制点の喜びも束の間・・・

181001_kashiwa1_getty
柏レイソルは先制点を奪ったが・・・【写真:Getty Images】

 浦和レッズ戦に向けても、柏レイソルの選手たちはよくコミュニケーションを取ってきたと言えるだろう。相手にボールを持たれることを踏まえてか、瀬川祐輔とオルンガの2トップは前からアグレッシブに追い回すだけでなく、バランスも意識していた。

 数試合前までは、ボールにアプローチするFWに周りが連動しきれず全体が間延びしていたが、浦和戦ではコンパクトさを重視することで中央のエリアを閉じた。

 それでいて、守備から攻撃に切り替わった時はギアを上げ敵陣へと走る。8分、江坂任の浮き球のパスに反応した瀬川がトラップからシュートを放っている。16分には相棒のオルンガが相手を背負いながら前を向き、左から中に持ち込んで右足を振り抜く。これはGK西川周作に弾かれたが、前線の個は『隙あらば』という姿勢を見せた。

 そして35分、レイソルは喉から手が出るほどほしかった先制点を奪う。左サイドで相手をはめ込むと、オルンガが中央に送り、江坂がスルーパスを通す。センターバックの間を抜けた瀬川が持ち込み、猛然と駆け上がってきた江坂のラストパスをオルンガが合わせた。

 負けられない一戦でリードを奪った。この時点で、前半はアディショナルタイムを含め残り10分弱となっていた。受け身にならず戦い、無失点でハーフタイムを迎えることが重要だった。しかし、レイソルはここから6分間で逆転を許すことになる。

1 2 3 4

Comments

comments

新着記事

FChan TV

↑top