U-19日本が掴んだ世界への切符。潜在能力は『黄金世代』以上? アジア制覇は至上命題

 U-19日本代表は28日、AFC U-19選手権の準々決勝でインドネシアと対戦し2-0で勝利を収めた。これにより来年ポーランドで開催されるU-20ワールドカップの出場権を獲得。完全アウェイという環境の中、選手たちは力強く世界への扉をこじ開けた。次に狙うは大会制覇。影山ジャパンはアジアの頂点に立つことができるだろうか。(取材・文:元川悦子【インドネシア】)

2018年10月29日(Mon)12時20分配信

text by 元川悦子 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

完全アウェイで掴んだU-20ワールドカップ出場権

181029_u19_getty
U-19日本代表は、来年ポーランドで開催されるU-20ワールドカップの出場権を獲得した【写真:Getty Images】

 6万超の大観衆が押し寄せ、完全なアウェームードに包まれた28日のジャカルタのゲロラ・ブン・カルノ・スタジアム。2か月前に森保一監督率いるU-21日本代表が韓国と2018年アジア大会決勝の死闘を演じたこの地で、影山雅永監督率いるU-19日本代表はU-20ワールドカップ出場権獲得に挑んだ。

 今回の2018年AFC・U-19選手権(インドネシア)に突入してからというもの、日本は1次ラウンドで北朝鮮に5-2、タイに3-1、イラクに5-0と圧倒的な強さを見せてきたが、準々決勝は全く別物だった。地元の大声援を受け、5-2-3の基本布陣で粘り強く守る相手の強固なブロックに苦しみ、日本は思うように得点を奪えない。開始早々15分に藤本寛也(東京V)が負傷退場するアクシデントにも見舞われたが、前半40分に左サイドバック・東俊希(広島ユース)の豪快な30mミドル弾が決まって先制。1-0で前半を折り返した。

 しかしながら、後半開始から大粒の雨が降り始め、瞬く間に凄まじい雷雨に。選手たちは視界不良の中での戦いを強いられた。加えてインドネシアが捨て身の猛攻を仕掛けてきたことで、日本は前半ようにボールが持てなくなり、守勢に回らざるを得なくなる。事故的な失点があってもおかしくない状況だったが、後半26分に久保建英(横浜FM)とのワンツーから宮代大聖(川崎U-18)がダメ押し弾をゲット。これで勝利を引き寄せ、日本は2大会連続の世界切符獲得を現実にした。

「世界を1度経験したら、どうしてももう1回行きたいって欲が出てくる。それを達成できたのは嬉しい」と2017年U-17ワールドカップ(インド)経験者の菅原由勢(名古屋)が言えば、久保も「世界大会に行って感じたのは、やっぱり勝たなきゃいけないということ。絶対に勝つつもりで挑んでいくことが大事」と世界大会再挑戦への意欲をにじませた。

1 2 3

新着記事

↑top