J2のピルロ? 山口・三幸秀稔、J1の名手に比肩する能力。浪人も経験・・・その数奇なキャリア【西部の目】

日本代表は新体制発足後3連勝と最高のスタートを切った。新たな力も台頭する中、日本サッカー界にはまだまだ隠れた人材が多く存在する。レノファ山口の三幸秀稔もその一人だ。「止める・蹴る」の精度はJ2レベルを超越。現在はチームの主将も務めるが、様々な試練を乗り越えて今がある。(取材・文:西部謙司)

2018年10月30日(Tue)10時40分配信

シリーズ:西部の目
text by 西部謙司 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

J2の「ピルロ」。現代サッカーでは希少な存在

181023_miyuki2_getty
レノファ山口の三幸秀稔【写真:Getty Images】

 フィールドに「ピルロ」がいた。
 
 ディフェンスラインの前に立ち、ボールを預かっては短いパスで組み立て、ときには長いパスで敵の急所を刺す。アンドレア・ピルロに代表されるディープ・ライング・プレーメーカー、現代サッカーでは希少種だ。

 レノファ山口のキャプテン、三幸秀稔は希少種の1人である。

 プロ選手に「上手い選手」について聞くと、多くは「止める・蹴る」の能力だと言う。ワンタッチコントロール、インサイドキックといった基本中の基本ともいえる技術にこそ、絶対的な差が宿るということらしい。三幸は「止める・蹴る」に関して抜群といっていい。J1でも彼の水準にある選手は少ないと思う。インサイドキックはボールに対してきれいに直角に面を作る。ロングボールを蹴っても真っ直ぐにバックスピンがかかっている。ここまで癖のない球筋は珍しい。

 珍しいだけに見覚えがあった。本人に直接確認したら、やはりそうだった。三幸とは草サッカーで一緒にプレーしたことがあったのだ。彼から何本かパスをもらっていた。あまりにも受けやすい、きれいなパスだったので印象に残っていた。ただ、そのときは彼がプロ選手だとは認識しておらず、たぶん紹介はされていたのだが、他にも何人か元プロがいたので名前も覚えていなかった。ただ、球筋だけを覚えていた。

 50歳を過ぎたオッサンである私と、三幸のようなプレーヤーが同じチームで草サッカーをしていたのは不思議に思われるかもしれないが、そのときの三幸はプロというより元プロで失業中だった。JFAアカデミー福島の1期生、ヴァンフォーレ甲府で2シーズン、J3のSC相模原で1シーズン、その後に所属クラブがなくなりJリーグ合同トライアウトも受けている。草サッカーはちょうどそのころだった。

1 2 3

新着記事

FChan TV

↑top