英国人が見たトルクメニスタン戦「堂安弾、他の日本人ならシュートすら打ってない!」「MVPはやっぱり大迫」

日本代表は現地時間9日、AFCアジアカップ2019・グループリーグ第1節でトルクメニスタン代表と対戦し、3-2の勝利を収めた。この試合中、現地UAEで試合を取材し、日本サッカーに精通するイングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時話を聞いた。(語り手:ショーン・キャロル)

2019年01月10日(Thu)2時00分配信

シリーズ:英国人が見た○○戦
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

「注目は冨安健洋」

日本代表
日本代表のトルクメニスタン戦スターティングメンバー

――日本代表のスタメンが発表されましたが、注目する選手は誰になりますでしょうか?
「冨安(健洋)選手ですね。青山(敏弘)の代わりにボランチで先発するので気になります」

――冨安のどういった部分に期待しますか?
「彼はもちろんボールを奪える力があります。それと足元も上手いと思います。常に冷静にプレーして、チャンスメークや試合の流れをコントロールすることも出来ます」

――アジア杯ではここまでオーストラリアやタイなどが初戦で黒星を喫しています。トルクメニスタンは格下とはいえ日本にとって油断すべき相手ではありません。日本はどのように試合を進めるべきでしょうか?
「出来るだけ早く先制点奪わなきゃいけない。今日は非常に暑いので、先に失点すればトルクメニスタンはドンドン引いて守って試合がより難しくなると思います」

――日本、前半27分にまさかの先制点を献上してしまいました。日本にとっては、ここからさらに難しい試合展開となりそうですね…
「間違いない。記者席暑いですが、僕は試合前にピッチにも行きました。そこは非常に大変な温度なので選手は疲れちゃうと思う。トルクメニスタンは今10−0−0の様なフォーメーションをしているみたいですので、突破するのは難しいです」

――前半も30分を過ぎました。日本はトルクメニスタンの守備陣に苦しんでいるように見えるのですが、ここまでを振り返ってみていかがですか?
「スタートは良くなかったですね。ボールを持てたが、あまりインテンシティがなかった。ファイナルサードでアイデアが少なかったし、スピードは遅過ぎた」

1 2 3

新着記事

FChan TV

↑top