柴崎岳が感じる舵取り役の責任。トルクメニスタン戦は「良い教訓になった」

2019年01月12日(Sat)7時19分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

柴崎岳
柴崎岳【写真:Getty Images】

 日本代表は11日、アジアカップ第2戦のオマーン戦に向けて練習を行った。チームの舵を取るMF柴崎岳は、素早く、的確な判断を心がけている。

 日本代表は初戦のトルクメニスタン戦で苦しみながらも勝利を収めた。

「僕自身も非常に良い教訓になった」と初戦を振り返る柴崎。「僕らのポジションの選手がある程度は舵を取っていくというスタイルになっているので、そこにかかる負担というか、責任というか、そういうのはあるかなと自負しています」と語り、「改善できたことはすごく収穫があったので、また試合がうまくいかなかったときにより早く修正できるように」と、次のこの経験を生かしたい考えだ。

 日本戦でのオマーンは、守備を固めることが考えられる。その一方で勝ち点3が必要な状況で前に出てくる可能性もありそうだ。

 柴崎は「いろいろな可能性が考えられると思います」としつつ、「それは試合が始まってみないと分からない」。だからこそ、「そういったことには瞬時に対応していくという意味で、試合が始まってから相手にアジャストしていく作業はしなければいけないと思います」と話した。

 FW大迫勇也がこの日の練習を回避した。次の試合には間に合わないかもしれない。柴崎は「各選手持ち味があると思うので、それをなるべく生かせるように」と意識している。負傷者などのトラブルは起こり得ることで「こういうときこそ、チームの真価が問われる」と考えている。そして、「普段出ていない選手が出ても、僕らは合わせていかなきゃいけないかなと思う」と、舵取り役として責任を語った。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

FChan TV

↑top