「僕が決めれば楽になった試合」。南野拓実、決定機を逃して反省

2019年01月14日(Mon)3時28分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

南野拓実
南野拓実【写真:Getty Images】

【日本 1-0 オマーン AFCアジアカップ2019・グループステージ第2節】

 日本代表は13日、AFCアジアカップ2019・グループステージF組第2節でオマーン代表と対戦して1-0の勝利を収め、決勝トーナメント進出を決めた。FW南野拓実は、勝利という結果を喜びながらも、自身のパフォーマンスには納得していない様子だ。

 第2戦のオマーン戦に勝ち、決勝トーナメント進出が決まった日本。南野は「チームとしてグループ突破を一番の目標にして挑んだ試合」であり、「それを決められてよかった」と語った。

 ただ、自身の決定機をゴールにつなげられなかった点は納得していない。南野は「自分としては、もっと楽な試合展開にできたという悔しさがある。そこにこだわらないといけない」と反省。「次にそういうところを改善していく必要があると思います」と話している。

 FW大迫勇也が不在の中での勝利について、「前の大黒柱がいない中で勝ったというのは一つの自信になる」と南野。「僕が決めなかっただけで、チームの攻撃の形は前回の試合より見えていた部分が多かった」と振り返り、チームとしての内容は悪くなかったと強調した。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

↑top