川崎Fが浦和下してゼロックス杯優勝。新戦力L・ダミアンの初ゴールが決勝点

2019年02月16日(Sat)15時28分配信

photo Getty Images for DAZN
Tags: , , , , , ,

川崎フロンターレ
川崎フロンターレ【写真:Getty Images for DAZN】

【川崎フロンターレ 1-0 浦和レッズ 富士ゼロックス・スーパーカップ】

 富士ゼロックス・スーパーカップ2019の試合が16日に埼玉スタジアム2002で行われ、昨季J1王者の川崎フロンターレと天皇杯王者の浦和レッズが対戦した。

 Jリーグの2019シーズン開幕を告げる最初の公式戦。川崎Fは新外国人選手のDFマギーニョとFWレアンドロ・ダミアン、浦和も今季から加入したMFエヴェルトンとFW杉本健勇が先発メンバーに名を連ねた。

 前半半ばすぎから川崎Fが徐々に攻撃の手を強め、30分にはL・ダミアンのパスを受けたFW小林悠のシュートがわずかにクロスバーの上へ。32分にはFKからのボールにDF車屋紳太郎がヘッドで合わせ、DF谷口彰悟がネットに押し込んだがオフサイドの判定でゴールは認められず。

 38分にも右サイドの小林からのクロスにL・ダミアンがヘディングで合わせてゴールネットを揺らしたが、これもオフサイドの判定。決定的なチャンスは相次いだが得点には至らず、前半は両チームスコアレスで折り返した。

 浦和は後半開始からMF阿部勇樹、FWアンドリュー・ナバウトを投入して2枚替えで打開を図る。だが川崎Fの攻勢は変わらず、50分にも小林がエリア手前から放ったシュートがわずかにゴール左へ。

 そして52分、押し気味の川崎Fに待望の先制ゴールが生まれた。左からのクロスをL・ダミアンが頭で落とすと、ボールを受けた中村憲剛はシュートを打てなかったが、浦和DFが大きくクリアしきれなかったボールはエリア内に浮き上がる。その落ち際に素早く反応したL・ダミアンが左足を振り抜き、強烈なシュートをゴール左に突き刺した。

 浦和は新戦力のDF山中亮輔らも投入して反撃を試み、最後まで諦めることなく攻め続けたが、川崎Fの安定した守備を崩すには至らず。1-0で試合を終えたJ1王者が新シーズンの初タイトルを獲得した。

【得点者】
52分 1-0 レアンドロ・ダミアン(川崎F)

【了】

新着記事

↑top