C大阪、タイの提携クラブから2選手獲得。年代別代表歴もある19歳FWと18歳MF

2019年03月29日(Fri)16時05分配信

photo Getty Images for DAZN
Tags: , , , , , ,

セレッソ大阪
セレッソ大阪【写真:Getty Images for DAZN】

 J1のセレッソ大阪は29日、タイのBGパトゥン・ユナイテッドFCからの期限付き移籍でFWタワン・コタラスポーとMFポンラヴィチュ・チャンタワォングの2選手を獲得することが決定したとして発表を行った。

 タワンは2000年1月23日生まれの19歳。U-18タイ代表でのプレー経験を持つ。ポンラヴィチュは2000年10月7日生まれの18歳で、U-16タイ代表歴がある選手となる。

「とても嬉しいです。試合中にチャンスがあれば積極的に絡んでいきたいです。少しでも勝利に貢献し恩返しできるよう頑張ります。これからの応援よろしくお願いいたします」とタワンはクラブ公式サイトでコメントしている。

 ポンラヴィチュは「タームと呼んで下さい」とニックネームを紹介しつつ、「これはチャンスだと思い頑張ります。皆さんの声援が僕の力になりますので応援よろしくお願いします。皆さんと会えることを楽しみにしています」と述べている。

 BGパトゥン・ユナイテッドは2012年にC大阪とパートナーシップを締結したクラブ(昨季までのクラブ名はバンコク・グラスFC)。C大阪でプレーするタイ人選手は、同クラブからの期限付き移籍で昨季在籍していたMFチャウワットに続いて3人目となる。

【了】

新着記事

↑top