なぜ、マンCはまたも敗れたのか? 狂わせたトッテナムの“自殺行為”。激戦の戦術を紐解く

2019年04月19日(Fri)11時23分配信

text by 内藤秀明 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

一方のシティはデ・ブライネが躍動

 スパーズは念願のアウェイゴールを手にし、一時は1点リードするという優位な状況も作った。しかし一方的な展開になることを許さなかったのはデ・ブライネだった。

 そもそも先制点はデ・ブライネのインテリジェンスと個人技が起点となっている。アリをつり出すためにサイドの位置に開いてボールを受け、つり出されたアリの股を抜いてアグエロに縦パスを送る。それを再度中央で引き取った後に時間を作り、最終的にゴールを決めるスターリングにパスを送った。

 2点目は直接的にゴールに関わっていない。ただし絶妙なタイミングでハーフスペースの高い位置にポジションをとり、ダニー・ローズをピン止め。結果ベルナウド・シウバがフリーになりゴールが生まれた。

 そして3点目はお得意の高速グランダークロスでスターリングは押し込むだけのシュートを演出。4点目ではスパーズが戻り切っていない場面で、イルカイ・ギュンドアンからハーフスペースの高い位置でボールを受ける。前を向いてスピードに乗ると、ローズ、アリ、ワニャマがギリギリ触れないコース取りでボールを運び、ボックス付近でアグエロに「決めてください」と言わんばかりの絶妙なスルーパスでアシストを記録した。

 今季、怪我やコンディション不良などに悩まされたクラッキはこの大事なシーズン終盤に調子を取り戻したのだ。

1 2 3 4 5 6

新着記事

↑top