ルヴァン杯PO第1戦は札幌、名古屋、FC東京、G大阪が先勝。G大阪がアウェイで4得点!

2019年06月19日(Wed)21時06分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

ルヴァンカップ
ルヴァンカップ【写真:Getty Images】

 JリーグYBCルヴァンカッププレーオフステージ第1戦が19日、各地で行われた。ジュビロ磐田は北海道コンサドーレ札幌、名古屋グランパスはベガルタ仙台、FC東京はセレッソ大阪、V・ファーレン長崎はガンバ大阪と対戦した。

 磐田と札幌の試合は、0-0で迎えた49分に札幌がPKを獲得。これをFWアンデルソン・ロペスが決め、先制に成功。だが、磐田がロドリゲスのゴールで同点に追いついた。1-1の同点で迎えた85分、アンデルソンがこの日2点目を決めアウェイの札幌がリードを広げた。これで試合は終了し、札幌が1-2で勝利を収めた。

 名古屋と仙台の試合は17分、名古屋MF前田直輝がペナルティエリア右から中央へパスを供給。FW赤崎秀平が最後冷静に流し込み先制となった。さらに27分にマテウスが追加点を奪い、名古屋が2-0で勝利を収めた。

 FC東京とC大阪の試合は、43分にFC東京MF東慶悟のクロスに合わせたFW永井謙佑がヘディングで合わせ先制ゴール。その後、C大阪はゴールを奪うことができず、FC東京が1-0で勝利した。

 長崎とG大阪の試合は、31分にG大阪MF田中達也がこぼれ球を右足でボレーシュート。これがゴール右隅へ決まりG大阪が先制に成功した。さらに倉田秋、アデミウソン、中村敬斗のゴールが決まり4点を奪った。長崎は終盤に1点を返すも、4点を奪ったG大阪が勝利を収めた。

▽試合結果は以下の通り
ジュビロ磐田 1-2 北海道コンサドーレ札幌
名古屋グランパス 2-0 ベガルタ仙台
FC東京 1-0 セレッソ大阪
V・ファーレン長崎 1-4 ガンバ大阪

【了】

新着記事

↑top