岡崎慎司、南米勢への苦手意識は感じず。「むしろ可能性ある」【コパ・アメリカ】

2019年06月25日(Tue)19時00分配信


Tags: , , , , , , ,

岡崎慎司
岡崎慎司【写真:Getty Images】

 コパ・アメリカ2019(南米選手権)グループリーグC組第3節、日本代表対エクアドル代表の試合が現地時間24日に行われ、1-1の引き分けに終わった。日本代表は初勝利を挙げることができなかったが、FW岡崎慎司には南米勢に対する苦手意識はないようだ。

 2試合連続のスタメンとなった岡崎はエクアドル戦について「いいチャンスが作れてたし、あの失点以外はそんなに多くチャンスを作られなかったのかなと思うんですけど、ああいうところで抜け目なくゴールを取られるっていうのは課題かなっていう。このグループで戦ってきた強いチームはやっぱりああいうところを抜け目なく取ってるくるというのはありましたし、僕らもチャンスが多かっただけにやっぱり勝てる試合だったのかなと思います」と反省を口にした。

 また、先制点につながるプレーについて岡崎は「あれをずっと狙ってたんで、何回か三好とも話をして、もうちょっと狙ってほしいって感じて、まあ狙ってたけど通らなかったりとか、岳とか植田とかも俺をダイレクトで見てくれたりとか、ああいうところでまず深いところで取っておいて、中盤のボール持ったら楽しそうにイキイキするやつらがいるんで、そいつらに任せてみたいな」と話した。

 南米勢に勝てていないことについて聞かれた岡崎は「そういう見方は全然してないですね。むしろ可能性ある、コンフェデのメキシコに負けた時に比べたらもっとチャンス作れてたし、今回は、もちろん守備も相当最後は打ち合いになったんできつかったと思いますけど、それでもボール持った時の迫力はこっちの方が強かったし、それって逆に言えば自分たちのリズムじゃない時にどれだけ耐えるかっていうのはこのチームの課題なのかなっていうのは見えましたけどね」と話し、南米勢に対しては苦手意識は持っていない。
 
(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

FChan TV

↑top