ベガルタのバンディエラ、梁勇基の矜持「後輩に功績を見せびらかす先輩。ダサいでしょ?」【インタビュー・前編】

ベガルタ仙台のMF梁勇基は、37歳になった今なお一心不乱に前だけを見る。一日たりとも無駄にせんとする姿勢はストイックそのものだ。梁はいま何を思うのか。好評発売中の『アジアフットボール批評 special issue08』から梁勇基のインタビューを一部抜粋し、前後編で公開する。今回は前編。(取材・文:海江田哲朗)

2019年07月01日(Mon)10時00分配信

text by 海江田哲朗 photo Editorial Staff
Tags: , , , , ,

「過去の栄光や積み上げてきたものには興味がない」

梁勇基
ベガルタ仙台に所属するMF梁勇基【写真:編集部】

── 先ほど、練習を終えた小林慶行コーチに梁選手のことを少し聞きました。『ベテランの域に入って途中出場が多くなると、誰もがコンディションを維持する難しさに直面する。それなのに、常に90分動ける身体をキープしているのは驚異的』だと。

「トシをとると、さまざまな見られ方をします。だからこそ、負けたくない。そういう気持ちはありますね。もう35歳を超えたから60分くらいしか動かれへんやろ、という決めつけは好きではないので。しっかり走れるように日頃からトレーニングをやっているつもりです。そんなふうに言われたくない意地みたいなもの」

── 年齢相応の選手像を押しつけられるのに抗う?

「なんやろ。サッカー界全体、どうしても若い選手に目が向く流れがあるでしょ。トシをとってもやれるのを見せたいし、その立ち位置を受け入れてしまうと自分の辞めどきも近づいてくる。それなら意地でもやったるわと。それがモチベーションの一部になってますね」

── 今年でプロ16年目を迎え、昨年Jリーグ通算500試合出場も達成しています。小林コーチは『周囲に輝かしい実績を誇ったり、立場に甘んじるところもない』とも。

「大事なのは、いまがどうか。仮に自分がそういう態度を出したとして、若い選手からすれば、いまはちゃんとプレーできてんの? 昔の自分にすがってるだけと違う? という話になる。いまは、いまですよ。過去の栄光や積み上げてきたものには興味がない。37歳の梁勇基として勝負している。そういう感覚です」

── この年齢に達する前から、そうなるまいと自身の戒めとしてきた?

「周囲を納得させるプレーができてなかったら、言葉に説得力がない。過去に何百試合出ていたといっても、そんなの関係ないです。後輩に対して、これまでの功績を見せびらかすことしかできない先輩。ダサいでしょ?」

後編はこちらから

(取材・文:海江田哲朗)

▽梁勇基
1982年1月7日、大阪府生まれ。阪南大学から04年にベガルタ仙台に加入。3年目の06年から背番号10を背負い、ベガルタの不動のバンディエラとして君臨。今季で16年目を迎える。昨年Jリーグ通算500試合出場を達成。北朝鮮代表としては08年に初招集されるも10年南アフリカW杯のメンバーには落選。その後もAFCアジア杯などで代表を牽引する活躍を見せた。

20190701_asia_kanzen

『アジアフットボール批評 special issue08』

定価:本体1300円+税

アジアフットボールの“いま”が分かる骨太の専門媒体『アジアフットボール批評』 アジアサッカーの舞台裏で何が起きているのかをマクロとミクロの視点で徹底取材! ! 激変するアジアサッカー界の深層に迫り、 日本人が知っておくべきアジアサッカーの今を明らかにする。

詳細はこちらから

【了】

新着記事

↑top