鹿島・小池裕太が明かした偽らざる本音。大学から海外へ挑戦の苦悩、「心技体」が整った磐田戦のゴールの裏側

2019年07月10日(Wed)10時20分配信

text by 藤江直人 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

容易ではなかった鹿島でのプレー

 言葉を含めた文化や風習、食事とすべての環境が変わることは覚悟していた。そびえ立つハードルを乗り越えた先にさらなる成長があると信じて、シント=トロイデンの経営権を取得した日本の合同会社DMM.comが手がける事業のひとつ、DMM英会話で英語の勉強も昨年末からスタートさせた。

 しかし、一度狂った心身の歯車はなかなか元には戻らない。ヨーロッパ帰りという点で日本では好奇の視線を注がれるかもしれない点で、夢半ばで帰国するには勇気がいる。それでも、ボールを蹴る以前の問題を一掃するためには、サッカー人生をリセットすることが必要だと腹をくくった。

「日本でしっかり結果を残せば、周りからの見られ方も変わってくると思うので。その意味でも期限付き移籍している間に、自分の実力というものをJリーグの舞台で表していこう、と」

 特別指定選手として登録された経験から、アントラーズの選手層の厚さは理解している。Jクラブのなかで群を抜く20個のタイトルを獲得し、昨季のアジア王者でもある常勝軍団のなかで、爪痕を残すことは容易ではない。それでも、前を向き続ければ必ず何かが変わると自らに言い聞かせてきた。

 果たして、リザーブに2度名前を連ねただけの軌跡は、特にサイドバックにけが人が続出した6月に入って一変する。14日のセレッソ大阪戦の77分から、MF白崎凌兵に代わって途中出場してリーグ戦デビューを飾ると、前述した30日のサンフレッチェ戦で初先発を勝ち取る。

 しかも、交代で退く3分前の74分には一時は勝ち越しとなる強烈なミドルシュートを突き刺す。プロ初ゴールで前人未踏のJ1通算500勝をアントラーズにもたらした、と思われた試合終了間際に同点とされ、小池の一撃もゴール直前にDF町田浩樹の体に触れていたとして得点者が訂正された。

1 2 3 4 5 6

新着記事

FChan TV

↑top