鹿島・小池裕太が明かした偽らざる本音。大学から海外へ挑戦の苦悩、「心技体」が整った磐田戦のゴールの裏側

2019年07月10日(Wed)10時20分配信

text by 藤江直人 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

ジュビロ戦で生まれた驚愕のゴール

 先発して62分までプレーした、北陸大学(石川県代表)との天皇杯全日本サッカー選手権2回戦をはさんで迎えたジュビロ戦。大学時代から自信を寄せてきた、利き足の左足に宿る高精度のキックを見込まれた小池は、大岩剛監督からセットプレーのキッカーを託される。

 果たして、アントラーズが29分にあげた待望の先制点は、ペナルティーエリアの左側で獲得した直接フリーキックから生まれている。

「練習の段階から『速いボールを入れろ』と言われていました。今日は(雨で)ピッチもスリッピーだったので、特に速く蹴ることを意識していました」

 こう振り返る小池の左足から放たれた低く、鋭い弾道はジュビロの選手と競り合ったMFレアンドロの頭をかすめる。コースを変えたボールは、後方にいたジュビロのDF新里亮を急襲。とっさに体勢を整えようとするも間に合わず、新里に当たったボールはゴールネットに突き刺さった。

 そして、40分には世界中へ配信された驚愕の一撃が生まれる。左タッチライン際にいた小池が、白崎とのワンツーで縦へ抜け出す。右ウイングバックの小川大貴が必死に食らいついてきたが、白崎へショートパスを通した直後から縦へ加速していた小池がボールを支配下に置き続ける。

「正直、狙ってはいないんですけど。セルジ(セルジーニョ)が走ってきているのが見えたので、グラウンダーの速いクロスを合わせようと思ったら、たまたまああいう弾道で入って。攻め込まれる時間帯が多かったんですけど、どこかでカウンターで一本あるかなと考えていました」

 小川を抜き去る前に上半身を強烈に右側へねじり、左タッチライン際で左足を思い切り振り抜く。クロスをあげる際の定石となるインサイドキックではなく、インステップキックでボールをミートしたのは、よりスピードのある低空クロスをマイナスの方向へ送ろうと考えていたからだろう。

 しかし、自身が考えていた以上にスピードに乗っていたからか。左足の甲のやや外側にヒットしたボールは宙を切り裂きながら、軌道を左側へと微妙に変えていく。前方へ出ていた名手、カミンスキーの頭上を越えて急降下した軌道は、反対側のゴールネットに突き刺さった。

1 2 3 4 5 6

新着記事

FChan TV

↑top