鹿島・小池裕太が明かした偽らざる本音。大学から海外へ挑戦の苦悩、「心技体」が整った磐田戦のゴールの裏側

2019年07月10日(Wed)10時20分配信

text by 藤江直人 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

偽らざる日本復帰への本音

0710koike02
ポルティモネンセでは練習試合でプレーしている【写真:Getty Images】

 昨年のいまごろは、国内外のクラブによる獲得合戦が繰り広げられていた。ポルトガル1部のポルティモネンセSCの練習に参加し、練習試合でゴールまで決めた大学ナンバーワンの左サイドバックが下した決断は、ベルギー1部のシント=トロイデンへの加入だった。

「ポテンシャルがあり、将来性豊かな選手です。ここで多くのことを学んで成長してほしい」

 Jリーグを飛び越える形で、大学からヨーロッパの舞台へ挑む逸材へ、シント=トロイデンの最高経営責任者(CEO)を務める立石敬之氏は数年先を見すえながら大きな期待を寄せた。背番号「25」を手にした小池も、緊張と興奮を交錯させながらこんなコメントを残している。

「初めての海外挑戦で環境が変わり、苦労することがたくさんあると思いますが、少しでも早く試合に絡めるように頑張ります」

 シント=トロイデンへの加入が発表されたのは、2018/19シーズンが開幕した直後の昨年8月21日。サッカー部を4年の途中で退部し、新潟の開志学園高校からスポーツ推薦で入学した流通経済大学も休学して開始した挑戦は、シーズン途中の今年3月26日に一時停止を余儀なくされる。

 突然発表された、古巣でもあるアントラーズへの期限付き移籍は少なからず日本サッカー界を驚かせた。リーグ戦を含めた公式戦のピッチに一度も立つことがないままくだした、ベルギーの地を一度離れる決意。新天地は「日本以外には考えていなかった」と、小池は当時の偽らざる心境を明かす。

「とにかく自信を取り戻したい、という思いがあって日本を選びました。言葉の面や生活面が明らかに日本と違うし、そういう部分でサッカーにもかなり影響が出てきてしまった。試合にも出られないなかで、(ベンチに入れない)残り組のトレーニングでも正直、自分が納得いくようなプレーができていなかった。だからこそ、ストレスのない日本でもう一回やり直そうと思って」

1 2 3 4 5 6

新着記事

↑top