イニエスタが古巣相手に決定機演出も及ばず。バルサが21歳ペレス2発で神戸に勝利

2019年07月27日(Sat)19時55分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

アンドレス・イニエスタ
ヴィッセル神戸のアンドレス・イニエスタ【写真:Getty Images】

【ヴィッセル神戸 0-2 バルセロナ Rakuten Cup】

 Rakuten Cupのヴィッセル神戸対バルセロナ戦が27日にノエビアスタジアム神戸で開催され、バルサが2-0の勝利を収めた。

 楽天を通して結びつきを強めている日本とスペインの両クラブが初対戦。試合に先立ち、昨季までバルサに所属していたDFトーマス・フェルマーレンのが神戸に加入することと、両クラブが正式に1年間の連携合意を交わしたことも発表された。

 神戸は古巣との対戦となる元バルサのアンドレス・イニエスタ、ダビド・ビジャ、セルジ・サンペールが3人揃って先発。一方のバルサは4日前のチェルシー戦から先発5人を入れ替え、ラキティッチやラフィーニャらが先発に入った。安部裕葵はチェルシー戦に続いて残念ながらベンチメンバーから外れ、バルサでの実戦デビューはお預けとなった。

 開始4分、前線でのプレスでボールを奪ったイニエスタが自らミドルで狙っていきなり観客席を沸かせる。バルサも12分、リキ・プッチがダンクレーからボールを奪って決定的を迎えたが、GK前川黛也の逆を突こうとしたシュートはわずかにポスト左に逸れた。

 何度か質の高いパスを披露していたイニエスタは40分にも決定機を演出。イニエスタのスルーパスで抜け出した小川慶治朗がエリア内に侵入し、マイナスのボールを折り返したが、イニエスタのシュートはヒットしきれずGKにセーブされた。

 バルサは終了間際にジョルディ・アルバのクロスに合わせたグリーズマンのボレーやラキティッチのミドルなどで決定機を迎えたが決まらず。前半は両チームスコアレスで折り返す。

 後半開始時には両チームともに大きくメンバーを入れ替え、イニエスタやビジャもベンチへ。バルサはデンベレやフレンキー・デヨング、セルジ・ロベルトらを送り出した。

 CKに合わせたトディボのヘッドがポスト外側を叩くなど神戸のゴールに迫ったバルサは、59分についに均衡を破る。マウコムからのスルーパスで抜け出した21歳FWカルラス・ペレスが冷静にGKの股間を抜くシュートを流し込んだ。

 その後もマウコムのシュートがクロスバーを叩くなどバルサは優位に試合を展開。86分には左サイドからマイナスのクロスを受けたカルラス・ペレスが自身2点目となるシュートをゴール右に突き刺して2-0とし、そのままバルサが勝利で試合を終えた。

【得点者】
59分 0-1 カルラス・ペレス(バルセロナ)
86分 0-2 カルラス・ペレス(バルセロナ)

【了】

新着記事

↑top