大迫勇也は6週間離脱と監督が見通し示す。10月の日本代表戦も欠場へ

2019年09月19日(Thu)20時45分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

大迫勇也
ブレーメンの大迫勇也【写真:Getty Images】

 ブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督は、練習中に負傷した日本代表FW大迫勇也が約6週間の離脱になるという見通しを示した。現地時間19日の会見でのコメントをクラブ公式サイトが伝えている。

 ブレーメンは前日の18日に、大迫が負傷のため練習を途中で終えなければならなかったと発表。「太腿の重大な怪我」と重傷である可能性を示唆しつつ、19日に改めて行われる検査で詳細が明らかになると述べていた。

 コーフェルト監督によれば、大迫は練習中に「シンプルなターン」を試みた際に、予期できなかった箇所を痛めたとのこと。復帰までには6週間の離脱を強いられるとの見通しが示された。

 今季は開幕から公式戦5試合でチーム最多の4得点を挙げ、8月のブンデスリーガ月間最優秀選手候補にもノミネートされるなど好調なスタートを切っていただけに、本人にとってもチームにとっても大きな痛手となりそうだ。

 6週間の欠場だとすれば、ブンデスリーガではボルシア・ドルトムントやフランクフルト戦など、少なくとも5試合以上の欠場となることが見込まれる。日本代表でも、10月に行われるカタールワールドカップ2次予選のモンゴル戦、タジキスタン戦は欠場することになりそうだ。

【了】

新着記事

↑top