イニエスタ復帰のヴィッセル神戸、ビジャ先制弾などで勝利。フロンターレ3連覇に暗雲

2019年09月28日(Sat)18時59分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

ダビド・ビジャ アンドレス・イニエスタ
ダビド・ビジャとアンドレス・イニエスタ【写真:Getty Images】

【川崎フロンターレ 1-2 ヴィッセル神戸 J1第27節】

 明治安田生命J1リーグ第27節の川崎フロンターレ対ヴィッセル神戸戦が28日に行われ、アウェイの神戸が2-1で勝利を収めた。

 神戸は負傷のためリーグ戦2試合を欠場していたアンドレス・イニエスタが先発に復帰。DFトーマス・フェルマーレン、MFセルジ・サンペール、FWダビド・ビジャも先発に名を連ね、元バルセロナの4人が初めて同時にピッチに立つことになった。

 36分には阿部浩之のシュートが山口蛍の手に当たり、ペナルティーエリアすぐ手前からのFKで川崎Fに大きなチャンス。だが中村憲剛が直接狙ったシュートはわずかにゴール右に逸れる。

 前半終了間際には鮮やかなカウンターから神戸に先制ゴールが生まれた。ダビド・ビジャの縦パスで抜け出した古橋亨梧が右サイドからドリブルで持ち込み、左側を並走して上がってきたビジャにリターン。左足ダイレクトでGKのニアを撃ち抜くビジャのシュートがネットに突き刺さった。

 61分には家長昭博のシュートが惜しくもゴール左に外れ同点ならず。神戸もその4分後に古橋がGKと1対1のチャンスを迎えるがシュートは枠を捉えられない。

 70分には神戸が追加点を奪って勝利を大きく引き寄せた。左サイドからイニエスタが大きく山なりのクロスを上げ、ファーサイドからフェルマーレンが折り返したところを、最後は大崎玲央がダイビングヘッドで押し込んだ。

 川崎Fはレアンドロ・ダミアンらを投入して反撃を試みる。アディショナルタイムにはフリーで抜け出した長谷川竜也がGKとの1対1を制してようやく1点を返したが、追いつくには至らなかった。神戸は最近5試合で4勝1敗と順調に勝ち点を重ねている。

【得点者】
44分 0-1 ダビド・ビジャ(神戸)
70分 0-2 大崎玲央(神戸)
90+1分 1-2 長谷川竜也(川崎F)

【了】

新着記事

↑top