ベガルタが同勝ち点対決を制してJ1残留へ前進。エスパルスは4連敗

2019年11月10日(Sun)15時03分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

ベガルタ仙台
ベガルタ仙台【写真:Getty Images】

【ベガルタ仙台 2-0 清水エスパルス J1第31節】

 明治安田生命J1リーグ第31節のベガルタ仙台対清水エスパルス戦が10日に行われ、ホームの仙台が2-0で勝利を収めた。

 前節終了時点で仙台と清水はともに勝ち点35を獲得し、それぞれ13位と14位に並ぶ状況。J1残留に向けた重要な3ポイントを奪い合う一戦となった。

 前半20分に先制点を奪ったのはホームの仙台。右サイドでボールを拾った蜂須賀孝治が鋭い縦パスを入れると、エリア手前で受けたハモン・ロペスがターンからエリア中央へのラストパスを供給し、走り込んだ関口訓充が右足で合わせて流し込んだ。

 そのまま1点リードで前半を折り返した仙台は後半立ち上がりにも大きな追加点を奪う。右CKから永戸勝也が上げたクロスに平岡康裕がニアで合わせ、古巣相手となるヘディング弾をネットに収めた。

 追いつきたい清水はジュニオール・ドゥトラのボレーが惜しくも枠を外れるなどのチャンスもあったが得点ならず。勝ち点を38に伸ばした仙台は残留へ前進を果たした。4連敗となった清水は気を抜けない状況が続く。

【得点者】
20分 1-0 関口訓充(仙台)
48分 2-0 平岡康裕(仙台)

【了】

新着記事

↑top