日本代表、前半4失点で守備崩壊。ベネズエラのエースがハットトリック【ハーフタイム速報】

2019年11月19日(Tue)20時14分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

サロモン・ロンドン
ベネズエラ代表の先制点を決めたFWサロモン・ロンドン【写真:Getty Images】

【日本 0-4 ベネズエラ キリンチャレンジカップ2019】

 日本代表は19日、キリンチャレンジカップ2019でベネズエラ代表と対戦している。

 昨年11月に1-1で引き分けた相手との再戦に向け、日本代表の森保一監督はFW鈴木武蔵、MF橋本拳人、DF佐々木翔、DF室屋成、DF畠中槙之輔といった国内組をスタメンに抜てきした。

 14日のキルギス戦はベンチスタートだった10番のMF中島翔哉が先発に復帰。そしてDF吉田麻也が不在のため、キャプテンマークはMF柴崎岳が巻いた。システムは前線で鈴木とMF浅野拓磨が2トップを組む4-4-2が採用された。

 試合を先に動かしたのはベネズエラだった。8分、左サイドのペナルティエリア付近でボールを持ったMFジェフェルソン・ソテルドが室屋に対して仕掛け、切り返しからクロスを供給する。そのお膳立てをエースFWサロモン・ロンドンが打点の高いヘディングシュートでゴールにねじ込んだ。

 序盤からベネズエラの鋭いカウンターとタイトな守備に苦しめられた日本だったが、徐々にチャンスが作れるようになっていく。22分にはペナルティエリア内でフリーになった佐々木がコーナーキックに頭で合わせるも、GKウィルケル・ファリニェスの好反応に阻まれた。

 それでも次のゴールを奪ったのはベネズエラだった。30分、日本陣内ペナルティエリア手前から細かいコミュニケーションで崩すと、右サイドのFWダルウィン・マチスが折り返し、最後はニアサイドに滑り込んだロンドンが2ゴール目を奪った。

 勢いに乗るベネズエラの前に、日本のディフェンス陣は崩壊する。攻め込むベネズエラは33分、DFロベルト・ロサーレスが左サイドからクロスを上げ、ファーサイドでMFヤンヘル・エレラが折り返すと、詰めていたロンドンが反応してハットトリック達成となるシュートを蹴り込んだ。

 ベネズエラは止まらない。38分、日本から高い位置でボールを奪ってカウンターを繰り出すと、ソテルドがマチスからの折り返しを受けてボレーシュートを突き刺す。40分にはエレラのミドルシュートが右ゴールポストを直撃する惜しい場面もあり、ベネズエラは守備崩壊の日本から前半だけで4点のリードを奪った。

【得点者】
8分 0-1 ロンドン(ベネズエラ)
30分 0-2 ロンドン(ベネズエラ)
33分 0-3 ロンドン(ベネズエラ)
38分 0-4 ソテルド(ベネズエラ)

【了】

新着記事

↑top