菅大輝&田川亨介&小川航基が日本代表初ゴール! スタメン総入れ替えで香港を圧倒【ハーフタイム速報/E-1サッカー選手権】

2019年12月14日(Sat)20時17分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

田川亨介
前半だけで1ゴール1アシストを記録した日本代表FW田川亨介【写真:Getty Images】

【E-1選手権テレビ放送予定はこちら】

【日本 4-0 香港 EAFF E-1サッカー選手権第2戦】

 EAFF E-1サッカー選手権2019決勝大会の第2戦が14日に行われ、日本代表は香港代表と対戦している。

 森保一監督は、10日の中国代表戦からスタメンを全員入れ替える大胆な決断を下した。それによってDF渡辺剛、DF古賀太陽、DF田中駿汰、MF菅大輝、MF田中碧、MF仲川輝人、FW小川航基の7人が日本代表デビューを飾っている。

 序盤から主導権を握った日本は8分、右サイドで存在感を発揮していた仲川の上げたクロスのこぼれ球に、左サイドから詰めていた菅がボレーシュート。強烈な一発をゴールに叩き込んで先制点を挙げた。

 さらに14分、今度はキャプテンマークを巻くMF大島僚太が蹴ったコーナーキックに、FW田川亨介が頭で合わせてゴールネットを揺らす。日本代表デビュー戦で初ゴールの菅に続き、田川もデビュー2戦目で初ゴールを奪った。

 ボールを保持して香港を押し込む日本は、大島が中心となってサイドを効果的に使いながら試合を支配していく。すると26分、ギアを切り替えて一気にスピードを上げた日本は、田川の縦パスをペナルティエリア手前で受けた小川が反転して右足を振り抜く。コントロールされたシュートはゴール左隅に吸い込まれて3点目となった。

 30分までに大量リードを手にした日本代表は、前半アディショナルタイムにも小川が追加点を奪取。主導権を相手に一切渡すことなく4-0で前半を終えている。

【得点者】
8分 1-0 菅大輝(日本)
14分 2-0 田川亨介(日本)
26分 3-0 小川航基(日本)
46分 4-0 小川航基(日本)

【了】

新着記事

↑top