相馬勇紀、五輪に向け連携向上訴える「今のままだと仕掛け頼み」【E-1サッカー選手権】

2019年12月19日(Thu)1時01分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

相馬勇紀
日本代表の相馬勇紀【写真:Getty Images】

【日韓戦どこよりも早い採点はこちら】

【韓国 1-0 日本 E-1サッカー選手権第3戦】

 日本代表は18日、EAFF E-1サッカー選手権2019決勝大会の最終戦で韓国代表に0-1の敗戦を喫し優勝も逃した。

 前半に先制点を奪われて1点ビハインドで折り返した日本代表は、後半開始から遠藤渓太に代えて相馬勇紀を投入。左ウイングバックに入った相馬はたびたびサイドからの突破を仕掛けてクロスを上げるなど、攻撃を活性化させていた。

 だが結局それもゴールに繋がることはなく、追いつけないまま敗戦に終わった。「勝てなかったのが一番悔しいし、優勝を持ち帰りたかった。このチームで勝ちたかったので悔しいです」と相馬は試合後に語った。

 突破が通用したという感触はあるものの、その後のプレーの精度が課題だと相馬は語る。「まだまだ左で蹴る時に腰の回転というか、上げきれない、ひねりきれなかった部分がある」とコメント。個人としてキックの精度やプレーの幅を向上させていく必要もあると話している。

 一方で、個人で突破する以外の選択肢が必要であることも強調。「今のままだと仕掛け頼みみたいな感じになってしまうので」と、連携やコンビネーションで打開する形も増やしていかなければならないと語る。

「即席チームや代表チームだからといって、コンビネーションがないというわけにはいかない」と相馬。「オリンピックも戦うんだったら、そういうところをもっともっと増やしていかないと」と、個人としてもチームとしてもプレーを高めていく必要性を訴えた。

【了】

新着記事

↑top