<ハーフタイム速報>U-23日本代表、田中碧がまさかの一発退場。前半終了間際に“中東の笛”炸裂【AFC U-23選手権】

2020年01月15日(Wed)23時06分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

U-23日本代表
U-23日本代表はAFC U-23選手権の最終戦でU-23カタール代表と対戦【写真:Getty Images】

【AFC U-23選手権の日程・テレビ放送予定はこちら】

【日本 0-0 カタール U-23アジア選手権・グループB第3節】

 サッカーU-23日本代表は15日、AFC U-23選手権(東京五輪アジア最終予選)のグループリーグ第3節でU-23カタール代表と対戦している。

 森保一監督と同じく、カタールもフェリックス・サンチェス・バス監督がA代表とU-23代表を兼任している。つまり指揮官同士は昨年のアジアカップ決勝以来の再戦、当時敗れた森保監督にとってはリベンジマッチとなった。

 すでに2連敗でグループリーグ敗退が決まっている日本のスタメンにはGK大迫敬介、3バックに橋岡大樹、立田悠悟、町田浩樹が入り、初戦と同じくボランチに田中駿汰と田中碧が起用された。また右ウィングバックに第2節サウジアラビア戦でゴールを奪った相馬勇紀、左ウィングバックに杉岡大暉、2シャドーは食野亮太郎と旗手怜央が務め、1トップに小川航基が据えられた。

 序盤から日本がボールを握って試合を進めるが、手堅く守るカタールを前になかなか決定的なチャンスを作れない。前線でラストパスやクロスのタイミングが合わず、一方で中盤でのボールの失い方が悪く、カウンターでカタールにゴール前まで迫られる場面もあった。

 ただ、5バック気味のブロックを敷いて堅く守るカタールに対し、日本は両サイドの攻防で優位に立つ。44分にはサイドから中央に入っていた相馬の浮き球パスに、ボランチの田中駿汰がペナルティエリア内まで飛び出してシュートを放ったが、枠を捉えきれず。前半を通してフィニッシュの局面で精度を欠いた。

 日本はグループリーグ敗退が決まっていながら、大迫、橋岡、食野の3人を3試合連続で先発起用している。意地でも1勝をもぎ取って帰るという森保監督の強い思いがうかがえたが、前半アディショナルタイムにVARの介入によって主審の判定が変わり、田中碧がまさかの一発退場。

 物議を醸しかねない疑問の残る判定ではあったが、日本は10人になり、両チームスコアレスで前半が終了した。

【得点者】
なし

【グループリーグ順位表はこちら】

【了】

新着記事

↑top