さすがの面々…! ユベントスで背番号10を背負った12人の選手。デル・ピエロ、バッジョ…受け継がれるレジェンドの系譜

イタリアの名門・ユベントスには、これまでにも数多くの名手が在籍してきた。その中で、伝統ある背番号「10」を身に着けてきた選手は誰なのだろうか。今回フットボールチャンネルでは、ユベントスで伝統ある背番号「10」を着用した12人の選手を紹介する。

2020年02月27日(Thu)7時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

ユベントスの至宝

パウロ・ディバラ
【写真:Getty Images】

FW:パウロ・ディバラ(アルゼンチン)
生年月日:1993年11月15日(26歳)
ユベントス在籍:2015年~現在


【今シーズンのユベントスはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 パウロ・ディバラの名が世界中に轟いたのはパレルモ在籍時だろう。アルゼンチン人レフティーは2012/13シーズンに欧州初挑戦を果たしており、2014/15シーズンにはリーグ戦34試合の出場で13得点10アシストを記録するなど大活躍。一気に国内外多くのビッグクラブからスポットライトを浴びるようになった。

 その後、ディバラは2015/16シーズンよりユベントスに加入。新天地1年目からその才能の高さを示した同選手はリーグ戦34試合で19得点7アシストの成績を収め、チームのセリエA制覇に貢献している。その後も活躍を果たしたディバラは、2017/18シーズンより背番号を「10」に変更。ユベントスの歴史にその名を刻むことになった。現在も伝統的な番号を身に付け、攻撃陣をけん引している。

フランスの大器

ポール・ポグバ
【写真:Getty Images】

MF:ポール・ポグバ(フランス)
生年月日:1993年3月15日(26歳)
ユベントス在籍:2012年~2016年

「ポール・ポグバ」。この男がユベントスに来た時、まだ世界にその名は知れ渡っていなかった。それもそのはず、同選手はマンチェスター・ユナイテッドの下部組織で育ちトップチームデビューを果たしたものの、なかなか出場機会に恵まれないままユベントスへとやって来たからだ。ユナイテッドからユベントスへ移籍する際の金額は「0」。期待値が高いとは言えなかった。

 しかし、加入1年目からコンスタントに出場したポグバはその能力を前面に押し出し、2012/13シーズンはリーグ戦27試合に出場。世界屈指のMFへの階段を着々と上っていた。その後も活躍したポグバは、2015/16シーズンより伝統ある背番号「10」を身に付けることを発表。移籍金「0」でやって来た男が文字通りのスター選手となったのである。しかし、ポグバは背番号10を1シーズンだけ身に付け、2016年にユナイテッドへ当時の世界最高額となる移籍金で復帰を果たしている。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top