マリノス、アビスパ福岡から31歳DF實藤友紀を獲得。J1でのプレーは4年ぶりに

2020年03月23日(Mon)17時37分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

横浜F・マリノス
【写真:Getty Images】

 J2のアビスパ福岡に所属していたDF實藤友紀は、J1の横浜F・マリノスへ完全移籍することが決定した。23日に両クラブより発表が行われている。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 横浜FMでの背番号は19番となる。「伝統あるクラブに加われる事に嬉しい気持ちと、とても責任を感じています。今までの経験を生かして1日でも早くチームに貢献出来るように必死にやっていきます」と實藤は横浜FM公式ウェブサイトでコメントしている。

 一方、福岡公式ウェブサイトは4年間にわたって在籍したクラブを離れる同選手のコメントを伝えた。「アビスパ福岡も福岡の街も大好きになり、自分にとっては特別な存在となりました」と述べ、移籍については大いに悩んだものの、「プロのサッカー選手である以上、上の舞台で戦いたいという思いや、今の年齢を考えてここでチャレンジすべきではないかという思いもあり、今回の決断に至りました」と説明している。

「ファン・サポーターの皆さんへは感謝してもしきれない思いでいっぱいです。本当に本当にありがとうございました」「アビスパ福岡で過ごした4年間はとても幸せな時間だったと思います」と實藤は感謝の思いを綴った。

 現在31歳の實藤は2011年に高知大学からJ1の川崎フロンターレに入団してプロデビュー。2016年に福岡へ完全移籍した。J1では川崎Fでの5年間と福岡での加入1年目で通算93試合、J2では過去3年間で通算81試合に出場している。

【了】

新着記事

↑top