日本代表
【写真:田中伸弥】

 日本サッカー協会(JFA)は1日、6月に予定されていたワールドカップカタール2020アジア2次予選兼AFCアジアカップ中国2023予選の2試合の延期と7月に予定されていたU-23日本代表の試合を中止にすることを発表した。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 新型コロナウイルスの影響により、国際サッカー連盟(FIFA)およびアジアサッカー連盟(AFC)は先月9日の時点で3月と6月に予定されていた同大会の延期を発表していた。そして、今回正式にJFAから6月の試合延期が発表された。

 今回発表されたのは、6月4日にノエビアスタジアム神戸で行われる予定だった日本代表対タジキスタンと同9日にパナソニックスタジアム吹田で行われる予定だった日本代表対キルギス戦の2試合。JFAは延期の決定について「開催延期を前提に各サッカー協会間で決定することの提案があったことを受け、両サッカー連盟と協議を重ねた結果です」としている。

 さらに、7月17日にノエビアスタジアム神戸で行われる予定だったキリンチャレンジカップ2020のU-23日本代表の試合は中止となった。なお、この試合の対戦相手は未定となっていた。この試合の中止理由については東京五輪が延期となったことを受けてと説明している。

 日本代表・U-23日本代表の森保一監督はJFAを通じて「6月に予定されていたFIFAワールドカップ予選の延期が決定しました。今、世界に拡大している新型コロナウイルスの感染状況を考えると、この決断は当然と考えています。これからの活動については、どの時期に再開しても、そのときに力を発揮できるよう、今できることに全力で取り組み、しかるべきときに向けて準備をしていきたいと考えています」とコメントしている。

 東京五輪について森保監督は「今後の活動はSAMURAI BLUE同様、状況を見ての判断になると思います。オリンピック開幕も新型コロナウイルス感染症が収束していることが大前提です。我々が目指す金メダル獲得に向けて、次の活動を心待ちにしながら、選手、スタッフそれぞれが今できることに取り組んでいきます」と話している。

【2020年の日本代表日程・テレビ放送予定はこちら】

【了】

新着記事

↑top